プラハ観光のまとめ(18年プラハ観光)

プラハはチェコの首都でさまざまな表情を持っています。華やかな街というイメージが強く、そのイメージを裏切らない部分が多くあります。このページではそんなプラハの概要を私なりに解説するとともに、多くの人が紹介しない(=観光ガイド本にも掲載されていない)真のプラハについても紹介します。


プラハの地域区分

プラハは旧市街(※)、新市街、プラハ城地区、マラー・ストラナに区分けできます。
※弊ブログでは地球の歩き方先生の区分に原則従っていますが、ユダヤ人地区は旧市街としています。

また、観光名所(真のプラハを除く)を地図にまとめました(図1)。

図1. プラハの観光名所一覧(googleマップより作成、青いピンをクリックすると写真が表示されます)

各地区について、私の独断と偏見でまとめました。各エリアの記事へのリンクを張っています(画像と文字どちらでもクリックいただければ別ウィンドウで開きます)。

プラハ旧市街

旧市街広場を中心に広がるエリアです。プラハといえばこの地区です。華やかな通り、のんびりとした広場、歴史的建造物の数々。また、プラハでも有名なカレル橋もこの地区にあります。

美しい旧市街広場

写真1. 美しい旧市街広場

主な観光名所は以下の通りです。

・旧市街広場
・ヤン・フス像(旧市街広場にあります)
・火薬塔
・性交機械博物館
・ティーン教会(ティーンの前の教会)
・カレル橋
・チェコ軍団橋
・芸術家の家

ただし、観光名所にとらわれるだけではなく、のんびりとした雰囲気を味わうことも大切です。

旧市街広場周辺

ヤン・フス像
プラハの旧市街を楽しむ(18年プラハ観光)

ここでは、プラハ旧市街の観光体験をつづっています。華やかな街を感じることができます。また、旧市街広場のワナについても述べています。

カレル橋周辺

カレル橋東岸に到着
プラハのカレル橋を楽しむ(18年プラハ観光)

カレル橋を訪れた記録です。団体旅行では訪れない塔からの美しい風景も収録しています。

ヴルタヴァ川周辺


ヴルタヴァ川沿いの風情を楽しむ(18年プラハ観光)

プラハ市内にはヴルタヴァ川が流れており、有名なカレル橋もヴルタヴァ川にかかる橋です。ヴルタヴァ川(チェコ語)というよりモルダウ川(ドイツ語)というほうがわかりやすいかもしれません。この川周辺の散策記録です。プラハフィルの体験談もあります。

プラハ城


プラハ城を楽しむ(18年プラハ観光)

プラハ城はとても広大な城です。まるで1つの街のようです。そんなプラハ城も観光しました。プラハ城は丘の上にありますが、ラクなアクセス方法を述べています。

マラー・ストラナ地区

この地区は特に記事にしていませんが、ペトシーン公園が一番の名所です。この公園の塔はエッフェル塔のまがいものです。ペとシーン公園にはケーブルカーがあり、それで登ると市内を一望できます。

ペトシーン公園の展望台
ペトシーン公園からプラハ市内を眺める(18年プラハ観光)

プラハ市内を眺めて、美しい街並を堪能しています。

新市街地区

新市街は旧市街ほど人気はありませんが、歴史的を刻んだバーツラフ広場があります。プラハの春(正確にいうとチェコ事件です)やビロード革命がおこった場所です。


プラハの新市街を楽しむ(18年プラハ観光)

私がバーツラフ広場に行ったときの記録です。また、私が宿泊したホテル周辺も紹介しています。たまたまトラム22系統が通っていたので、とても便利でした。

真のプラハへの訪問

以上にあげたエリアは口を悪く言ってしまうと、「テーマパークプラハ」でしかありません。そう、真のプラハ市民の生活の場はそこにはありません。そこで私は真のプラハを味わうために1つの行動に踏み切ったのです。


プラハトラム22系統で真のプラハに行く+国鉄に見る日常

トラムに乗って真のプラハに向かいました。その終点の駅では国鉄にも乗れました。その国鉄で生じた1つのエピソードにも触れています。

プラハの鉄道に親しむ

ここまでは「優等生」的な内容でした(でも「真のプラハ」のくだりは違いますね)。それを見て違和感をもった読者さまもいたことでしょう。そう、弊ブログの名前は鉄道ラボなのに観光地の紹介ばかりです。でもこれは仮の姿です。弊ブログの真価は以下に示します。

※本日発売の鉄道ジャーナルからプラハを拠点とした鉄道ジャーナリストのコラムがありますね。もっと前から特集してもらえば良かったのに…。

プラハのトラムと地下鉄

プラハトラムのすれ違い
プラハのトラム・地下鉄の利用方法と実乗(18年プラハ観光)

プラハの移動手段の主役はトラムと地下鉄です。トラムや地下鉄のチケット購入方法などの利用情報から、利用して感じたファン的な視点からの気づきも触れています。

プラハのターミナル駅

プラハ本駅全景
プラハのターミナル駅を楽しむ(プラハ本駅の構造、18年プラハ観光)

プラハ観光にプラハ本駅を欠かせることができません。このプラハ本駅との触れあいについて述べています。

お役立ちリンク

プラハ旅行の際には、以下のリンクからの情報が非常に役立ちます。いずれもリンクを貼っています。

プラハ市交通局(公式サイト)
プラハ市の公式サイトです。観光名所とリンクした路線図があり、とても参考になります。

ワイホー

割安のwifiです。海外では携帯電話のインターネット機能を使用すると値が張ります。そのため、このようなところと契約するのです。このサービスは回線速度こそ早くないものの、比較的安くて最低限の仕事(googleマップ)をしてくれました。プラハは道が入り組んでいますので、wifiがないと苦労すると思います。

DeNAトラベル

海外のホテルを予約するのに活用しました。クチコミから選べ、なおかつ日本の業者なのでいざというときに安心できます(いざというときがなくてとても安心しました)。

海外格安航空券の最安値検索なら スカイチケット!

海外航空券の予約といえば、このような比較サイトを活用することが必須です。

プラハ観光の前後を読みたい!
さて、プラハ観光の前後はどこに行ったのでしょうか?

←ベルリンからプラハまで国際優等列車(EC)に乗る

プラハ観光(本記事):今ココ!

プラハからウィーンまで列車(レイルジェット)で移動→

※それぞれ別ウィンドウで開きます。

★この旅行の全体像を旅行後の感想といっしょに簡単にまとめています。
ヨーロッパ5か国旅行のまとめ(振り返り)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする