18年GW中欧鉄道旅行記一覧

2016年の経験を生かしたヨーロッパ5か国を訪問した旅行。鉄道と観光を適切に織り交ぜた完全な個人旅行です。初心者ですが、個人旅行に関するノウハウも惜しみなく提供します。

ルクセンブルクの市内観光(18年GW)

ルクセンブルクの首都のルクセンブルク市。ここは人口9万人と規模の小さい街ですが、独特の景観を作り出しています。そのルクセンブルク市の観光スポットを厳選して紹介しました。また、ルクセンブルクからドイツまでの移動についても述べています。

列車でローレライに行く(18年GW)

ライン川でも有名な観光地、ローレライ。そこに船を使わずに行きました。どうやって行くのでしょうか?アクセス方法も含めてまとめました。 アクセス方法概論 図1. ローレライの位置 前提知識としてローレライの位置を示します(図1)。コ...

ウィーン中央駅を楽しむ(18年ウィーン旅行記)

ウィーン中央駅はウィーンの代表的な駅です。以前は、各方面の列車は別のターミナルから発車していましたが、現在はウィーン中央駅にほぼ統一されています。一般的な旅行記だと、「この列車を見た」で終わるのでしょうが、それでは芸がありません。そこで、弊ブログではもう少し詳しく述べましょう。

プラハ観光のまとめ(18年プラハ旅行記)

プラハはチェコの首都でさまざまな表情を持っています。華やかな街というイメージが強く、そのイメージを裏切らない部分が多くあります。このページではそんなプラハの概要を私なりに解説するとともに、多くの人が紹介しない(=観光ガイド本にも掲載されていない)真のプラハについても紹介します。

プラハのターミナル駅を楽しむ(プラハ本駅の構造、18年プラハ旅行記)

ここではプラハ本駅そのものについて述べます。プラハ本駅の位置、構内の様子、中心街とのアクセスといった実用的な側面、そしてベルプラハ本駅に発着する列車の表情といった趣味的な側面の2つの面からプラハ本駅の実態に迫ります。さらに、プラハマサリク駅についてもレポートします。