地下鉄南北線(混雑基本データ)

このページでは地下鉄南北線の混雑状況について基本的なデータをまとめています。また、私が実際に現場で調査した結果へのリンクも記しています。

写真1. 南北線の特徴といえばホームドア!

地下鉄南北線の基本情報

地下鉄南北線は目黒から白金高輪、溜池山王、永田町、飯田橋、駒込、王子を通り、赤羽岩淵に至る路線です。目黒では東急目黒線と、赤羽岩淵では埼玉高速鉄道と直通しています。目黒から白金高輪までは三田線との共用区間ですが、駅施設はメトロ仕様です(ただし目黒駅そのものは東急管轄)。どちらかというと都心部といえども「マイナー」な場所を通っている印象があります。山手線との接続駅も目黒と駒込とややマイナーな駅ですしね。

基本的に都心部で利用が多く、目黒側、赤羽岩淵側では利用が減る傾向にあります。これは、東急目黒線側、埼玉高速鉄道側ともに直通運転の歴史が浅く、南北線を利用して通勤するという利用形態がそこまで定着していない(特に埼玉高速鉄道は並行するJR京浜東北線に利用が流れています)ために郊外側で利用が少ないという理由がありましょう。一方、都心では長らく地下鉄不毛地帯を通っているので、そこそこ利用があります。

地下鉄南北線の混雑基本データ

では、混雑状況データを簡単にまとめます(表1)。

表1. 地下鉄南北線の混雑基本データ

最混雑区間駒込→本駒込
混雑率2018年度159%
2017年度156%
集中率29.5%
乗客半減区間王子神谷-志茂

最混雑区間は駒込から本駒込までの1駅です。駒込まで山手線を利用し、そこから南北線を利用する流れが一定見られるためです。また、駒込は人口密度の日本一高い豊島区に位置することを忘れてはなりません。この近辺は住宅地であり、駒込から南北線沿線の通勤先への利用も無視できない程度に存在します。本駒込からは文京区に入り、ある程度オフィスもあり、(朝ラッシュ時場面でいうと)乗る人よりも降りる人が多いのです。とはいえ、利用者の実感でいうと駒込から後楽園までそう利用状況は変わりません。

乗客が最も多い区間は後楽園-東大前です。この区間は朝ラッシュ時の最混雑区間とは異なりますが、利用者の実感としては朝ラッシュ時でも混んでいる区間です。東京の北から都心部に向かう人がこの区間を利用し、後楽園で丸ノ内線に乗りかえる流れが多いことが読み取れます。この乗客が半減するのは王子神谷-志茂です。後楽園から郊外に向かうと駒込、王子と徐々に乗客が減っていくためです。

集中率とはラッシュに集中する割合です。極端な話、集中率が100%であれば、ラッシュ以外に全く使われないということです。20%以下が集中率が低め(朝も日中もまんべんなく利用されている)、30%以上が集中率が高め(ラッシュ以外は空いている)と判断できます。集中率は29.5%とやや高めの数字です。これは、日中時間帯に利用の目的地となる場所をあまり通っていないためでもあります(例えば、六本木地区でも六本木そのものではなく六本木一丁目を通ります)。駒込からであれば、山手線のほうが日中時間帯の目的地(池袋や新宿)に便利な面も強いです。

地下鉄南北線の混雑状況の現場調査

ここまでは地下鉄南北線の基本データをベースに解析しました。実際の調査結果は以下のリンクにあります。

地下鉄南北線の混雑状況(平日朝ラッシュ時現場調査、駒込→本駒込)
南北線でも一番混む区間です。実際にラッシュ時の状況を確認しました。そして、どちらかというと「マイナー」な場所を通っているのに意外と混んでいる原因も探求しています。

東京の各路線の混雑データのまとめ

では、他の路線と比べて混雑率はどうなのでしょうか。各路線の最混雑区間とその混雑率をまとめたページを用意しました。また、他の路線の基本データへのリンクを備えています。

東京の各路線の最新の混雑データまとめ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする