色彩検定2級配色技法問題(ランダム出題、図から配色技法名を答える問題)

記事上部注釈
弊サイトでは実際に利用したサービスなどをアフィリエイトリンク付きで紹介することがあります

色彩検定2級の配色を見分ける問題です。ランダムに図示された配色に合う配色技法を4択で出題しますので、正解を予想してください。2枚目の配色の下に正解と簡単な解説を記しています。問題が終わりましたら、「次の問題へ」をクリックしてください。

※本問題は○○配色の「配色」を除いて記しています。本試験でも「配色」の有無が問われることはないでしょう。

30問がランダムで出題されます。




トーンオントーン
トライアド
ドミナントカラー
スプリットコンプリメンタリー




の配色はスプリットコンプリメンタリーです。

簡単な解説です

今回の組み合わせはdp4、dp14とdp18ですから、有彩色の色相を分裂した配色です。そのため、スプリットコンプリメンタリーに該当します。

他の選択肢の検討

・トライアド:色相差が8ずつの組み合わせが該当しますが、本問では色相差は10、4、10ですので該当しません。この見分けは色相差を考えるしかありません。
・ドミナントカラー、トーンオントーン:同系色相という定義に合致せず、本問では合致しません。

最後は公式テキストで微妙な色合いを確認しましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする