色彩検定2級の慣用色で間違いやすい色

色彩検定2級で出題される慣用色。その慣用色の中で間違いやすい色の組み合わせをまとめました。

写真1. 阪急マルーンも紛らわしい色の1つ

海松色とリーフグリーン

海松色とリーフグリーンは間違いやすい組み合わせの1つです。

色名 色画像
海松色
リーフグリーン

新橋色、納戸色とナイルブルー

新橋色、納戸色とナイルブルーは間違いやすい組み合わせの1つです。

色名 色画像
新橋色
納戸色
ナイルブルー

煤竹色、朽葉色、ローアンバーとバーントアンバー

煤竹色、朽葉色、ローアンバーとバーントアンバーは間違いやすい組み合わせの1つです。

色名 色画像
煤竹色
朽葉色
ローアンバー
バーントアンバー

代謝、ローシェンナ、バーントシェンナとテラコッタ

代謝、ローシェンナ、バーントシェンナとテラコッタは間違いやすい組み合わせの1つです。

色名 色画像
代謝
ローシェンナ
バーントシェンナ
テラコッタ

鳶色、弁柄色とマルーン

鳶色、弁柄色とマルーンは間違いやすい組み合わせの1つです。

色名 色画像
鳶色
弁柄色
マルーン

黄蘗色と刈安色

黄蘗色と刈安色は間違いやすい組み合わせの1つです。

色名 色画像
黄蘗色
刈安色

鉄色とボトルグリーン

鉄色とボトルグリーンは間違いやすい組み合わせの1つです。

色名 色画像
鉄色
ボトルグリーン

アップルグリーン、ミントグリーンとシャトルーズグリーン

アップルグリーン、ミントグリーンとシャトルーズグリーンは間違いやすい組み合わせの1つです。

色名 色画像
アップルグリーン
ミントグリーン
シャトルーズグリーン
コラム.琥珀色とアンバー

琥珀色とアンバーも近い色であり、間違えやすい可能性があります。しかし、色彩検定2級の範囲内では間違えても問題ないでしょう。琥珀色のマンセル値は8YR 5.5/6.5であり、アンバーのそれも8YR 5.5/6.5です。そのため、両者に違いはありません。また、アンバーの和訳は琥珀であり、両者は同じです。そのため、両者の違いは出ることはないでしょう。このように考え、本記事では紛らわしい一覧に含めていません。

この公式テキストで最終的な色味を確認することが必須です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする