色彩検定2級配色技法問題(ランダム出題、配色技法名から適切な配色パターン答える問題)

記事上部注釈
弊サイトでは実際に利用したサービスなどをアフィリエイトリンク付きで紹介することがあります

色彩検定2級の配色を見分ける問題です(全19問)。ランダムに示された配色技法に合う配色を4択で出題しますので、最も適切な配色パターンを選択してください。2つ目の配色技法名の下に正解と簡単な解説を記しています。問題が終わりましたら、「次の問題へ」をクリックしてください。

※本問題は○○配色の「配色」を除いて記しています。本試験でも「配色」の有無が問われることはないでしょう。



コンプレックスハーモニーの配色パターンとして適切なものを以下の4つから1つ選んでください。



正解発表


コンプレックスハーモニーの配色パターンとして適切な例は

です。

簡単な解説


黄色に近い色を暗く、遠い色を明るくという組み合わせで、色相差は制限ありません。

ltg8/p16:黄色に近い色が明るく、青に近い色が暗い(今回の場合は明度7.5/8.0の組み合わせです)組み合わせで、コンプレックスハーモニーです。


・lt6/d4:色相と明度の関係が逆でナチュラルハーモニーです。


p8/ltg18:黄色に近い色が明るく、青に近い色が相対的に暗いのですが、色相差が大きくナチュラルハーモニーにも合致しません。


p22/Bk:色相差を生じさせるためには有彩色である必要がありますが、Bkは無彩色のため合致しません。



余計な解説

ナチュラルハーモニーには色相差の制限があり、コンプレックスハーモニーに色相差の制限がないことは、私は以下のように理解しています。
ナチュラルハーモニーは木の葉の影の部分のように色相差は大きくなく、それが色相の自然連鎖とされました。では、色相差が大きいとどうか?自然界にはそのようなものはありません。そのため、「自然で見かける」「自然」な配色ではないのでしょう。
一方、コンプレックスハーモニーは「色相の自然連鎖」に当てはまらない色を指します。つまり、
・黄色に近い色が明るく
・色相差が大きくない
以外の組み合わせです。そのため、色相差が大きくとも色相の自然連鎖に当てはまらないのです。このような配色をコンプレックスハーモニーと呼ぶので、色相差が大きくともコンプレックスハーモニーに含まれるのです。

最後は公式テキストで微妙な色合いを確認しましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする