上野東京ラインについて考える~大宮駅改良による乗換利便性向上

現状の大宮駅の欠点

以前の記事で上野東京ラインのダイヤ案を提案いたしました。
そこで、私は以下の概要の記述を行いました。
[私の説明]

下線で示した列車は大宮で相互接続を取ります。
※例えば、東京方面-宇都宮線の列車と新宿方面-高崎線の列車を(ほぼ同時に)大宮駅の同一ホームに到着させ、相互に接続をとり、(ほぼ同時に)発車させることを行います。このことによって、この場合では直通しない東京方面-高崎線の移動や新宿方面-宇都宮線の移動が可能になります(現状では直通の場合のみに限定されていることが多いです)。

[ご指摘の想定]

大宮駅では、新宿方面からの電車(高崎・宇都宮とも11番線)と東京からの電車(8・9番)は別ホーム(階段を上り下りする必要)なので、相互接続は現実的ではありません。
確かに、これではいけませんね。しかし、私には秘策があるのです!


大宮駅改良(小規模案)

大宮駅の現状把握

まずは現状把握です。まずは大宮駅の配線図を簡単に描いてみましょう(図1)。
※と言いますけど、作図するほうは大変なんですよ。「どうせExcelでやっつけ仕事で作図したんでしょ?(正解です!)」なんて言った人は誰ですか?

大宮現行配線

図1. 現状の大宮駅(宇都宮・高崎線のみ掲載、一部の配線は省略)

同一ホームの同時発着の可能性を探る

この配線では、同一ホームで同時発着できません。簡単にまとめてみましょう。

1) 下り
配線図を見ると、下りの場合は新宿方面からの電車は9番線に入線し、東京方面からの電車は8番線に入線することになります。そのため、「新宿方面→宇都宮線」と「東京方面→高崎線」は同時発着可能です。

2) 上り
上りは高崎線から3,4番線にそもそも入れませんし、宇都宮線からは6番線に入れますが、7番線到着の高崎線に干渉します。そのため、どの組み合わせでも同時発着は不可能です。

小規模な改良案

ポイント増設による改良案概要

ポイントを増設することで同一ホームの同時発着が可能な配線になります。それを示しましょう(図2)。

大宮小規模改良後

図2. 改良後の大宮駅(赤線が増設部分)

干渉の状態の考察

すると、以下のように、東京方面-宇都宮線の列車と新宿方面-高崎線の列車の組み合わせ(図3)であっても、東京方面-高崎線の列車と新宿方面-宇都宮線の列車の組み合わせ(図4)であっても、同時発着が可能です。紫色が東京方面への経路、赤色が新宿方面の経路とお考え下さい。双方の図に各色2本ずつ線があるのは、上りと下りを同時に図示したためです。

大宮改良後(東京-宇都宮線)

図3. 東京方面-宇都宮線の列車と新宿方面-高崎線の列車の組み合わせ

大宮改良後(東京-高崎線)

図4. 東京方面-高崎線の列車と新宿方面-宇都宮線の列車の組み合わせ

図3、図4とも平面交差が生じず、そして同一ホーム(下り8、9番線、上り3、4番線)に発着していますね。

小規模改良に関する質疑応答

ここで、恒例の質疑応答コーナーです。読者の疑問点に先回りして答える、さすが私です(頭いいー)。

Q. 配線変更のスペースはあるのか?
A. 前面展望の動画を見る限り、そのスペースがありそうです。そこから可能と判断し、今回執筆いたしました。

Q. 朝ラッシュ時(上り)はどうするのか?
A. 朝ラッシュ時上りは多くの列車が運行されているため、相互接続はなくとも良いでしょう。そのため、高崎線からの列車は6,7番線に発着させてホーム上の混雑を緩和することを想定しています。

Q. 相互接続を行うとダイヤ乱れが広がりやすくなるが、どう考えるか?
A. 相互に接続する際は、接続時間を1分くらい取るとともに、到着と発車を30秒程度変えれば、小規模なダイヤ乱れには対応できるでしょう。ダイヤがある程度乱れたら、元々線路を共有している以上、ダイヤ乱れは波及するので、腹をくくるしかありません。

Q. 乗り間違いはどうするの?
A. 現状の11番線や上りは行き先ごとに番線が分かれていません。現状で番線ごとに方面が分けられているのは、8番線(高崎線)と9番線(宇都宮線)のみです。図3では8番線から宇都宮線、9番線から高崎線が発車しており、現状と比較して乗り間違いの危険性は上がります。しかし、別ホームから発車することが減る(ホームを探す手間が省ける)ため、乗り間違いしやすくなる利便性低下と相殺されるでしょう(今回の検討で最も懸念している点です)。
人間という生き物は「慣れる」という得意技があります。だから「9番線からの高崎線がある」(あるいは8番線からの宇都宮線がある)という意識が利用者に根付けば何とかなるでしょう。
→この解決策は後述します。

Q. さっきの答えは最後がうやむやだが?
A. そんな回答に慣れてください。

大宮駅の大規模改良

さっきの案の場合は、大宮駅そのもので発車ホームが異なるという問題点がありました。これに関して、さらなる設備改良を実施すれば、解決します。

大宮駅南側改良による下り発車番線の統一

大宮駅南側の配線を改良した場合、下り列車の誤乗車を防止しやすくなることに気づきました。以下、その概要をまとめます。
その配線図を簡単に描いてみましょう(図5)。

大宮南側改良後

図5. 大宮駅南側を改良した場合の配線図(赤色が新設部分)

小竹向原と同様に、立体交差で双方の線路を入れ替えます。このようにすれば、北側にポイントを設置する必要はなくなります。立体交差にするためにはスペースが必要ですが、大宮駅南側の旅客線下りと貨物線下りの間には2線ぶんの空間が存在するため、問題なさそうです。

このようにすると、当初案の弱点の1つである誤乗という問題点(9番線からの高崎線、8番線からの宇都宮線という組み合わせが発生し、同じ番線から別の方向の列車が発車する)が解消できます。始発駅はともかくとして、宇都宮線は9番線、高崎線は8番線と固定できるのです。

大宮駅北側改良による上り発車番線の統一

しかし、この案では上りの発車番線は固定できません。そこで、上り回送線を本線として宇都宮線の上り本線を廃止し、そのスペースに高崎線の上り線を設置するということも可能です(図6)。

大宮大規模改良後

図6. 上下線ともに大宮駅手前で振り分けて発車番線を統一する配線図

発車番線は以下のようにできます。

3番線:(宇都宮・高崎線)東京方面
4番線:(湘南新宿ライン)新宿方面
6番線:(高崎線のみ)  東京方面 ※朝の上りのみ
7番線:(湘南新宿ライン)新宿方面 ※朝の上りのみ
8番線:(高崎線)     高崎方面
9番線:(宇都宮線) 宇都宮方面
11番線:予備ホーム(主に新宿方面からの列車が使用)

この場合、朝ラッシュ時の上りを除いて、以下のことを実現できます。

・ホーム統一:東京方面は3番線、新宿方面は4番線、高崎線は8番線、宇都宮線は9番線
・各系統の乗り換えも同一ホームで可能:例えば、東京方面-高崎線の列車と新宿方面-宇都宮線の列車が接続可能
・平面交差なし:どの組み合わせであっても同時発着が可能。これにより、ダイヤ乱れの波及が最小限
工事費は最大となりますが、最も利便性が高い案でしょう。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

『上野東京ラインについて考える~大宮駅改良による乗換利便性向上』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2017/05/31(水) 00:33:39 ID:b40db6df6 返信

    貨物列車について全く検討されていない!!
    却下!!
    やり直し!!

  2. 名前:tc1151234 投稿日:2017/06/01(木) 06:21:53 ID:f442ce1b3 返信

    貴重なご指摘ありがとうございます。
    私案ではポイントを増加させており、減少はさせていません。そのため、現状の進路構成は可能となっています。貨物列車に対する詳細な検討は実施していませんが、現状の進路構成で貨物列車が運行できていますので、問題ないと認識しております。