山手線の代替経路(目黒出発の場合)

山手線が運転見合わせとなった場合、どのように移動すれば良いのでしょうか。今回は目黒から出発することを想定して、経路を考察します。

写真1. 目黒にやってくるJR線は山手線だけ

目黒からの経路まとめ

まず、目黒からの経路を一覧表にまとめます(表1)。

表1. 目黒からの代替経路一覧

目的地行きかた(一例)
品川都営三田(三田)都営浅草(泉岳寺)京急
大崎東急目黒(不動前)渋41
五反田都営三田(三田)都営浅草
恵比寿都営三田(日比谷)日比谷
渋谷南北(溜池山王)銀座
原宿南北(溜池山王)千代田
代々木南北(麻布十番)大江戸
新宿南北(麻布十番)大江戸
新大久保南北(麻布十番)大江戸(代々木)中央
高田馬場南北(飯田橋)東西
目白南北(麻布十番)大江戸(新宿)白61
池袋南北(飯田橋)有楽町
大塚都営三田(西巣鴨)都電
巣鴨都営三田
駒込南北
田端南北(東大前)東43
西日暮里都営三田(日比谷)千代田
日暮里南北(溜池山王)銀座(上野)京成
鶯谷都営三田(日比谷)日比谷(入谷)草41
上野南北(溜池山王)銀座
御徒町南北(溜池山王)銀座
秋葉原都営三田(日比谷)日比谷
神田南北(溜池山王)銀座
東京南北(溜池山王)丸ノ内
有楽町都営三田
新橋都営三田(三田)都営浅草
浜松町都営三田(三田)都営浅草
田町都営三田
高輪ゲートウェイ都営三田(三田)都営浅草

※山手線と並走する路線(東海道線、京浜東北線、埼京線、湘南新宿ライン、横須賀線、上野東京ライン)が運転見合わせとなった場合を想定したもの

各駅への行きかたの概要

写真2. 目黒の地下ホームから南北線と都営三田線が発車する

さて、各駅への行きかたを紹介しましょう。運転見合わせにもいくつかのパターンがありますので、それに合わせていくつかのパターンを示しています。

基本的には、シナリオ1、シナリオ2、…の順で行きやすいです。シナリオ1で移動できるのであれば、シナリオ2以降をご覧いただく必要はありません。

なお、南北線と都営三田線は同じホームから発車します。両者は2駅先の白金高輪まで同じ線路を共用する区間です。東京メトロと都営地下鉄が同じ線路を通るのはここだけです。

目黒から品川への行きかた

目黒から都営三田線で三田に移動します。三田からは都営浅草線の京急線直通電車に乗って2駅で品川です。三田で西馬込行きがやってきた場合、次の泉岳寺で同じホームの電車に乗りかえれば、品川に行けます。

目黒で南北線直通がやってきた場合、2つ目の白金高輪で始発の三田線が待っています。白金高輪では同じホームでの乗りかえですから、そこまで苦ではありません。

目黒から大崎への行きかた

大崎へはバスを活用するほうが便利です。

目黒から東急目黒線の各駅停車で1駅の不動前で下車します。不動前から東急バス41系統(大崎駅西口行きか大井町駅行き)で大崎駅に向かえます。

目黒から五反田への行きかた

目黒から都営三田線で三田に移動します。三田からは都営浅草線で五反田に行けます。三田で京急線直通がやってきた場合、次の泉岳寺で同じホームの電車に乗りかえれば、五反田に行けます。

目黒で南北線直通がやってきた場合、2つ目の白金高輪で始発の三田線が待っています。白金高輪では同じホームでの乗りかえですから、そこまで苦ではありません。

目黒から恵比寿への行きかた

目黒から都営三田線で日比谷に移動します。日比谷から日比谷線の中目黒行きに乗ると、恵比寿に移動できます。

目黒で南北線直通がやってきた場合、2つ目の白金高輪で始発の三田線が待っています。白金高輪では同じホームでの乗りかえですから、そこまで苦ではありません。

目黒から渋谷への行きかた

目黒から南北線で溜池山王に移動します。溜池山王で銀座線の渋谷行きに乗りかえ、終点の渋谷で下車です。

目黒で三田線直通がやってきた場合、2つ目の白金高輪で始発の南北線が待っています。白金高輪では同じホームでの乗りかえですから、そこまで苦ではありません。

目黒から原宿への行きかた

目黒から南北線で溜池山王に移動します。溜池山王で千代田線の代々木上原方面行きに乗りかえ、明治神宮前(原宿)で下車です。

目黒で三田線直通がやってきた場合、2つ目の白金高輪で始発の南北線が待っています。白金高輪では同じホームでの乗りかえですから、そこまで苦ではありません。

目黒から代々木への行きかた

目黒から南北線で麻布十番に移動します。麻布十番で都営大江戸線の新宿方面行きに乗りかえ、代々木で下車です。

目黒で三田線直通がやってきた場合、2つ目の白金高輪で始発の南北線が待っています。白金高輪では同じホームでの乗りかえですから、そこまで苦ではありません。

目黒から新宿への行きかた

目黒から南北線で麻布十番に移動します。麻布十番で都営大江戸線の新宿方面行きに乗りかえ、新宿で下車です。

目黒で三田線直通がやってきた場合、2つ目の白金高輪で始発の南北線が待っています。白金高輪では同じホームでの乗りかえですから、そこまで苦ではありません。

目黒から新大久保への行きかた

新大久保には山手線以外の路線はありません。しかし、中央線の大久保は近くにあり、歩いて5分程度です(図1)。

図1. 大久保駅と新大久保駅の経路(googleマップより引用)

もう少し遠くなりますが、地下鉄副都心線や大江戸線の東新宿も利用可能です(図2)。

図2. 東新宿駅と新大久保駅の経路(googleマップより引用)

ここでは、中央線の大久保に行く方法を紹介しましょう。

目黒から南北線で麻布十番に移動します。麻布十番で都営大江戸線の新宿方面行きに乗りかえ、代々木(※)で下車です。代々木から中央線各駅停車(中野行きか三鷹行き)で2駅で大久保に到着です。

目黒で三田線直通がやってきた場合、2つ目の白金高輪で始発の南北線が待っています。白金高輪では同じホームでの乗りかえですから、そこまで苦ではありません。

※新宿で乗りかえるより迷いにくいので、代々木を提案させていただきました。

目黒から高田馬場への行きかた

目黒から南北線で飯田橋に移動します。飯田橋で東西線の中野方面行きに乗りかえ、高田馬場で下車です。

目黒で三田線直通がやってきた場合、2つ目の白金高輪で始発の南北線が待っています。白金高輪では同じホームでの乗りかえですから、そこまで苦ではありません。

目黒から目白への行きかた

目白には山手線以外の路線は通っていません。ただし、1kmも離れていない場所に地下鉄副都心線の雑司ヶ谷があり(図3)、何とか歩くことができます。

図3. 目白から雑司ヶ谷までの経路(googleから引用)

このほかに目白駅前には都バス白61系統が通っており、新宿駅西口から乗ることができます(図4)。本記事ではこのバスに乗ることを前提として経路を紹介します。

図4. 新宿駅西口での白61系統のりば(googleマップより引用)

目黒から南北線で麻布十番に移動します。麻布十番で都営大江戸線の新宿方面行きに乗りかえ、新宿で下車です。新宿から上述の都バス61系統に乗り、目白駅前で下車です。

目黒で三田線直通がやってきた場合、2つ目の白金高輪で始発の南北線が待っています。白金高輪では同じホームでの乗りかえですから、そこまで苦ではありません(都営三田線と都営大江戸線がうまく組み合わさらないので、南北線利用を提案させていただきました)。

目黒から池袋への行きかた

目黒から南北線で飯田橋に移動します。飯田橋で有楽町線の池袋方面行きに乗りかえ、池袋で下車です。

目黒で三田線直通がやってきた場合、2つ目の白金高輪で始発の南北線が待っています。白金高輪では同じホームでの乗りかえですから、そこまで苦ではありません。

目黒から大塚への行きかた

大塚には都電荒川線が通っています。しかし、都電荒川線は速度も遅く、あまり便利ではありません。場合によっては、地下鉄丸ノ内線の新大塚を活用したいものです(図5)。

図5. 大塚と新大塚の経路(googleマップより引用)

ここでは、両方の行きかたを紹介します。

目黒から都営三田線で西巣鴨に移動します。西巣鴨から新庚申塚(両者は公式の乗りかえ地点です)に歩き、新庚申塚から都電荒川線の早稲田方面に乗ると、大塚に移動できます。真の目的地によっては、前後の巣鴨新田や向原で下車しても良いでしょう。

また、都営三田線を春日で下車し、丸ノ内線の池袋行きで2つ目の新大塚で降りる手や、春日から都バスの上02系統で大塚駅前に行く手もあります。

目黒で南北線直通がやってきた場合、2つ目の白金高輪で始発の三田線が待っています。白金高輪では同じホームでの乗りかえですから、そこまで苦ではありません。

目黒から巣鴨への行きかた

都営三田線で1本で巣鴨に行けます。目黒で南北線直通がやってきた場合、2つ目の白金高輪で始発の三田線が待っています。白金高輪では同じホームでの乗りかえですから、そこまで苦ではありません。

目黒から駒込への行きかた

南北線で1本で駒込に行けます。目黒で都営三田線直通がやってきた場合、2つ目の白金高輪で始発の南北線が待っています。白金高輪では同じホームでの乗りかえですから、そこまで苦ではありません。

目黒から田端への行きかた

写真3. 田端と西日暮里を結ぶ道路

田端にはJR線以外はバスしか通っていません。田端を通るバスは以下の通りです。

  • 都営バス東43系統:東京駅丸の内北口-駒込病院-田端駅-荒川土手-江北駅
  • 都営バス端44系統:駒込病院-田端駅-北千住駅
  • 北区のコミュニティバス:駒込駅-田端駅-駒込駅

ここで各系統が接続する駅とその付近での運転間隔も示します。

  • 都営バス東43系統:東京、大手町、御茶ノ水、東大前(南北線)(以上30~40分間隔)、小台(10~15分間隔)
  • 都営バス端44系統:赤土小学校前、熊野前、北千住(約20分間隔)
  • 北区のコミュニティバス:駒込(20分間隔)

なお、田端と西日暮里は近く、歩くことも可能です(図6)。

図6. 西日暮里と田端の経路(googleマップより引用)

シナリオ1. 京浜東北線が動いている場合

京浜東北線が動いていた場合、都営三田線で日比谷まで移動します。日比谷から有楽町(両者は乗りかえ駅扱い)まで移動し、京浜東北線で西日暮里まで移動します。

目黒で南北線直通がやってきた場合、2つ目の白金高輪で始発の三田線が待っています。白金高輪では同じホームでの乗りかえですから、そこまで苦ではありません。

シナリオ2. 京浜東北線が動いていない場合

南北線で駒込まで移動します。駒込から北区のコミュニティバスで田端駅前に移動できます。北区のコミュニティバス運転時間外(6時台までと20時台以降)は、南北線を東大前で降り、すぐ近くの本郷追分バス停まで歩きます(図7)。

図7. 本郷追分と東大前の経路(googleマップより引用)

シナリオ3. バスを待ちたくない場合(西日暮里から徒歩)

シナリオ2の場合は途中の路線バスが本数が少ないです。バスを待ちたくない場合、西日暮里から歩くことも視野に入れましょう。では、西日暮里までどう向かいましょうか。

目黒から都営三田線で日比谷に向かいます。日比谷から千代田線の綾瀬方面行きで西日暮里に向かうことができます。もしも、目黒で南北線直通が来た場合、溜池山王で千代田線に乗りかえることで西日暮里に向かえます。

その西日暮里から田端へは徒歩で向かいます。

目黒から西日暮里への行きかた

目黒から都営三田線で日比谷に向かいます。日比谷から千代田線の綾瀬方面行きで西日暮里に向かうことができます。もしも、目黒で南北線直通が来た場合、溜池山王で千代田線に乗りかえることで西日暮里に向かえます。

目黒から日暮里への行きかた

京浜東北線が動いている場合、京浜東北線利用がベストシナリオです。

シナリオ1. 京浜東北線が動いている場合

京浜東北線が動いていた場合、都営三田線で日比谷まで移動します。日比谷から有楽町(両者は乗りかえ駅扱い)まで移動し、京浜東北線で日暮里まで移動します。

目黒で南北線直通がやってきた場合、2つ目の白金高輪で始発の三田線が待っています。白金高輪では同じホームでの乗りかえですから、そこまで苦ではありません。

シナリオ2. 京浜東北線が動いていない場合

目黒から南北線で溜池山王に向かいます。溜池山王から銀座線の浅草方面行きで上野に向かいます。上野到着時点で常磐線が動いている場合、常磐線で日暮里まで1駅です。常磐線が動いていない場合、京成上野まで歩き、日暮里まで京成線で1駅乗ります。

目黒から鶯谷への行きかた

京浜東北線が動いている場合、京浜東北線利用がベストシナリオです。

鶯谷にはJR以外の路線はありません。ただし、バス路線は草41系統が通っており、1時間に3~5本程度あります。また、近隣の入谷から徒歩という手もあります(図8)。ただし、シナリオ1の場合はそこまで考える必要はありません。

図8. 入谷と鶯谷の経路(googleマップより引用)

シナリオ1. 京浜東北線が動いている場合

京浜東北線が動いていた場合、都営三田線で日比谷まで移動します。日比谷から有楽町(両者は乗りかえ駅扱い)まで移動し、京浜東北線で鶯谷まで移動します。

目黒で南北線直通がやってきた場合、2つ目の白金高輪で始発の三田線が待っています。白金高輪では同じホームでの乗りかえですから、そこまで苦ではありません。

シナリオ2. 京浜東北線が動いていない場合

京浜東北線が動いていない場合、都営三田線で日比谷まで移動します。日比谷から日比谷線で入谷まで移動します。入谷から鶯谷までは徒歩移動です。入谷到着時に入谷鬼子母神バス停の様子を確認し、時間が合いそうであれば、草41系統で移動するのも手です。

目黒で南北線直通がやってきた場合、2つ目の白金高輪で始発の三田線が待っています。白金高輪では同じホームでの乗りかえですから、そこまで苦ではありません。

目黒から上野への行きかた

京浜東北線が動いている場合、京浜東北線利用がベストシナリオです。

シナリオ1. 京浜東北線が動いている場合

京浜東北線が動いていた場合、都営三田線で日比谷まで移動します。日比谷から有楽町(両者は乗りかえ駅扱い)まで移動し、京浜東北線で上野まで移動します。

目黒で南北線直通がやってきた場合、2つ目の白金高輪で始発の三田線が待っています。白金高輪では同じホームでの乗りかえですから、そこまで苦ではありません。

シナリオ2. 京浜東北線が動いていない場合

目黒から南北線で溜池山王に向かいます。溜池山王から銀座線の浅草方面行きで上野に向かいます。

目黒で三田線直通がやってきた場合、2つ目の白金高輪で始発の南北線が待っています。白金高輪では同じホームでの乗りかえですから、そこまで苦ではありません。

目黒から御徒町への行きかた

御徒町という名称の駅はありませんが、仲御徒町(日比谷線)、上野広小路(銀座線)、上野御徒町(大江戸線)は至近距離にあり、乗りかえ駅と認定されています。

京浜東北線で行ければベストシナリオです。

シナリオ1. 京浜東北線が動いている場合

京浜東北線が動いていた場合、都営三田線で日比谷まで移動します。日比谷から有楽町(両者は乗りかえ駅扱い)まで移動し、京浜東北線で御徒町まで移動します。

目黒で南北線直通がやってきた場合、2つ目の白金高輪で始発の三田線が待っています。白金高輪では同じホームでの乗りかえですから、そこまで苦ではありません。

シナリオ2. 京浜東北線が動いていない場合

目黒から南北線で溜池山王に向かいます。溜池山王から銀座線の浅草方面行きで上野広小路に向かいます。

目黒で三田線直通がやってきた場合、2つ目の白金高輪で始発の南北線が待っています。白金高輪では同じホームでの乗りかえですから、そこまで苦ではありません。

目黒から秋葉原への行きかた

京浜東北線で行ければベストシナリオです。

大崎からのアクセスにはあまり関係ありませんが、都営新宿線の岩本町も近いです(図9)。

図9. 秋葉原と岩本町の経路(googleマップより引用)

シナリオ1. 京浜東北線が動いている場合

京浜東北線が動いていた場合、都営三田線で日比谷まで移動します。日比谷から有楽町(両者は乗りかえ駅扱い)まで移動し、京浜東北線で秋葉原まで移動します。

目黒で南北線直通がやってきた場合、2つ目の白金高輪で始発の三田線が待っています。白金高輪では同じホームでの乗りかえですから、そこまで苦ではありません。

シナリオ2. 京浜東北線が動いていない場合

京浜東北線が動いていない場合、都営三田線で日比谷まで移動します。日比谷から日比谷線で秋葉原まで移動します。

目黒で南北線直通がやってきた場合、2つ目の白金高輪で始発の三田線が待っています。白金高輪では同じホームでの乗りかえですから、そこまで苦ではありません。

目黒から神田への行きかた

京浜東北線で行ければベストシナリオです。

シナリオ1. 京浜東北線が動いている場合

京浜東北線が動いていた場合、都営三田線で日比谷まで移動します。日比谷から有楽町(両者は乗りかえ駅扱い)まで移動し、京浜東北線で神田まで移動します。

目黒で南北線直通がやってきた場合、2つ目の白金高輪で始発の三田線が待っています。白金高輪では同じホームでの乗りかえですから、そこまで苦ではありません。

シナリオ2. 京浜東北線が動いていない場合

目黒から南北線で溜池山王に向かいます。溜池山王から銀座線の浅草方面行きで神田に向かいます。

目黒で三田線直通がやってきた場合、2つ目の白金高輪で始発の南北線が待っています。白金高輪では同じホームでの乗りかえですから、そこまで苦ではありません。

目黒から東京への行きかた

東京駅そのものは地下鉄丸ノ内線しか通っていませんが、北西に大手町、北東に日本橋、南西に二重橋前、南東に京橋や宝町という各駅が配置されており、真の目的地によってはこれらの駅を利用することも手です。

図10. 東京駅周辺の様子(googleマップより引用)

ただし、本記事では「東京駅」に向かうという前提で記します。

目黒から地下鉄南北線に乗り、溜池山王で降ります。溜池山王から丸ノ内線の池袋方面行きで3駅で東京です。実際に丸ノ内線に乗る駅は国会議事堂前ですが、両者は地下道でつながっています。

目黒で三田線直通が来た場合、そのまま大手町まで乗ります。大手町で丸ノ内線(荻窪方面)に乗りかえて1駅で東京です。場合によっては、大手町から徒歩も手です。

目黒から有楽町への行きかた

有楽町を通っている地下鉄は有楽町線だけですが、近くに日比谷・銀座の各駅があり(図11)、真の目的地によってはこれらの駅を利用するのも手です。本記事では有楽町と乗りかえ駅扱いの日比谷のみを扱うことにします。

図11. 有楽町付近の地図(googleマップより引用)

目黒から都営三田線で日比谷に行けます。目黒で南北線直通がやってきた場合、2つ目の白金高輪で始発の三田線が待っています。白金高輪では同じホームでの乗りかえですから、そこまで苦ではありません。

目黒から新橋への行きかた

目黒から都営三田線で三田に行き、三田から都営浅草線(浅草方面)で2駅で新橋です。

目黒で南北線直通が来た場合、そのまま溜池山王まで乗り、溜池山王で銀座線(浅草方面)に乗りかえれば、新橋に行けます。

目黒から浜松町への行きかた

浜松町の近くには大門があり、徒歩連絡が可能です(図12)。

図12. 浜松町と大門の位置関係(googleマップより引用)

目黒から都営三田線で三田まで行き、三田から都営浅草線(浅草方面)で1駅進むと大門です。

目黒で南北線直通が来た場合、そのまま麻布十番まで乗り、麻布十番で大江戸線(大門方面)に乗れば、大門に着きます。

目黒から田町への行きかた

田町と地下鉄三田駅は近くにあります(図13)。公式の乗りかえ駅とはされていませんが、本記事では三田への経路を示すことで、田町への代替ルートとさせていただきます。

図13. 田町と三田の位置関係(googleマップより引用)

目黒から都営三田線で三田まで行けます。目黒で南北線直通が来た場合、白金高輪で始発の三田線に乗りかえられます。白金高輪では同じホームの乗りかえですので、さしたる苦はありません。

目黒から高輪ゲートウェイへの行きかた

高輪ゲートウェイと泉岳寺は近いです(図14)。公式の乗りかえ駅とはされていませんが、本記事では泉岳寺への経路を示すことで、高輪ゲートウェイへの代替ルートとさせていただきます。

図14. 高輪ゲートウェイと泉岳寺の位置関係(googleマップより引用)

目黒から都営三田線で三田まで行き、三田から都営浅草線(西馬込・京急線方面)で1駅進むと泉岳寺です。目黒で南北線直通が来た場合、白金高輪で始発の三田線に乗りかえられます。白金高輪では同じホームの乗りかえですので、さしたる苦はありません。

目黒からの代替ルートまとめ

目黒からの代替ルートを紹介させていただきました。目黒には地下鉄南北線と都営三田線が乗り入れており、両者で経由地が異なることから、多くの場所に向かうことができます。これぞ地下鉄網の真骨頂ともいえましょう。

また、一部の駅へは都営バスや北区コミュニティバスを活用することで活路が開けることも確認できました。山手線が使えないからと言って思考停止するのではなく、代替ルートで目的地の近くに向かうことも良いでしょう。

ほかの駅から出発する場合は?

他の駅から出発することも考え、山手線の代替経路を簡単にまとめました。出発する駅をご選択いただくと、その駅からの経路を示した記事に移動します。

山手線の代替経路まとめ

山手線が運転見合わせ(山手線がとまった)になった場合、どのように移動すれば良いのでしょうか。詳細なガイド、代替ルートの考えかたなど多面的な視点でまとめてみました。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする