13年夏北海道旅行記~札幌から北斗星での帰宅

現在は乗ることのできない北斗星、この列車に乗車する機会に恵まれました。また、もうすぐなくなるとされている新夕張-夕張の鉄路にも触れ合いました。


札幌周辺の乗り鉄:電化後の学園都市線

学園都市線電化後の姿を確認していませんでしたから、札幌からお手頃な区間まで乗車します。何系に当たるかドキドキしていましたが、結果的には733系でした。

ステップレスの733系出入り口

写真1. 733系の証拠 : ステップレス

電車は学園都市線をゆっくり進みます。山手線よりゆっくりって一体…。札幌市内最後の駅、あいの里公園で下車です。
あいの里公園

写真2. あいの里公園駅舎(写真が下手で「あいの里」が木の影に隠れましたね)

あいの里公園

写真2. あいの里公園構内

札幌まで721系に乗車しました。やはり山手線よりゆっくり…。

写真3. 美しい721系

夕張への遠出

札幌から特急に乗車です。途中の景色を晒します。

写真4. 石勝線沿線の美しい風景

新夕張到着後、夕張行きに乗り換えです。車両の前に立っていたら、運転士がやってきて「すぐ開ける」とのこと。ドアを開けてくれました。

美しいキハ40系を撮影していたら、件の運転士が「どこからきたんですか?」とのご質問。お客様の情報を収集してマーケティングに活かそうとするあたり、プロフェッショナルとしての誇りが見えます(実際は世間話くらいなニュアンスでしょう)。

そこで、私は「東京から来ました」と答えました。意表をつく答えでしょう。東京からわざわざ北海道までやってきて新夕張駅で汎用車両の撮影をする人はなかなかいないでしょう。運転士は何事もなかったように「涼しいでしょう?」と聞いてきました。実際そうでしたが、そこからは涼しいんだから非冷房で我慢しなさいというニュアンスを感じました(ただの勘違いという説もあります)。

40系気動車

写真5. 新夕張で撮影したキハ40 1780

新夕張から夕張への道中は気持ちの良いものでした。夕張は盲腸線の終点ですから、引き返せねばなりません。しかし、夕張で2時間も滞在したいとも思いませんでした(たまたま私が夕張に興味を持っていないだけです)。そこで、バスの時刻を調べなければなりません。でも、道内時刻表にはバス乗り場の案内はありません。効率的な行動が求められますから、夕張駅前でウロウロするのは避けたいです。分からないことはプロフェッショナルに聞くのが一番です。そこで、時刻表に記されている電話番号に電話をかけて確認しました。それによると、夕鉄バスの急行便に乗るには夕鉄本社前に行かねばならないこと、連絡便があることを確認しました。

写真6. 夕張駅舎(列車に乗らずに構内の飲食店に立ち寄るドライバーが多いように思えました)

写真7. 夕鉄バスの車両(「YOU」のロゴが新鮮ですね)

北斗星での札幌からの帰宅

札幌でやや時間があったので、HTBのアンテナショップ・時計台・旧道庁などの観光名所巡りをした後、ホテルで大荷物を取り出し、札幌駅へ。これらの観光名所については著名ブログでご紹介があると思いますから、この弱小ブログでは省略いたします。職場の人に貸しを作るため土産も購入(単価の安いものを選びました、職場の人にも意図はバレました)。

北斗星に乗って東京方面へ。狭いながらもそれなりに快適な部屋です。よく眠れました。個人的な感想ですが、シングルデラックス的な部屋が良かったですね。日が暮れたらやることはありませんから、早めに寝て旅の疲れをほぐします。というより、なぜ外の写真を撮らなかったのだろう?当時は今よりも撮影枚数が少なかったのです。

写真6. 気動車による区間快速(電化区間で完結するのに気動車使用)

写真7. 一夜明けたソロの車内

写真8. 食堂車の車内(朝食をいただきました)

自宅は東京都区内ですが、千葉県の実家に帰省するために大宮で下車。しもうさ号に大宮から乗りました。以上で旅行は終了です。

まとめ

●旅程:以下の通り
8/11 上野6:06(はやて71号)新青森9:41/10:16(スーパー白鳥11号)函館12:22/14:00(北斗91号)札幌17:47
8/12 札幌7:48(スーパー宗谷1号)稚内12:47(定期観光バス)
8/13 南稚内7:10(スーパー宗谷2号)旭川10:44/11:00(スーパーカムイ20号)札幌12:20/13:00(区間快速いしかりライナー)小樽13:39/小樽15:41(区間快速いしかりライナー)札幌16:20
8/14 札幌10:20(スーパーとかち3号)新夕張11:27/11:56(2635D)夕張12:22/→/夕鉄本社前13:30(急行バス)大谷地バスターミナル14:43/→/札幌17:12(北斗星)大宮9:10
●交通費:58580円
●宿泊費:30950円(もっと安くできました)


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする