都営三田線(ダイヤパターン紹介)

都営地下鉄で唯一大手町に乗り入れている都営三田線。地味な印象がありますが、今後は相鉄線の都心直結のルートとして新たな機能が付与される予定です。そんな三田線のダイヤを紹介します。

東急3000系(日比谷)

写真1. 東急車も乗り入れる(日比谷で撮影)

復習:ダイヤパターンとは

具体的なダイヤパターンを紹介する前に、ダイヤパターンの基本概念について紹介しましょう。

多くの路線では鉄道ダイヤを作成する際に、基本的なパターンを形成しています。例えば、20分間隔で快速1本、各駅停車が2本が運転されている場合は、20分サイクルのパターンダイヤと呼びます。サイクルとは、列車の運転順序が1回りする時間を示します。例で示した路線の場合は、20分サイクルと呼びます。本記事ではこのような路線の場合、「20分サイクルで快速が1本、各駅停車が2本」というように呼ぶことにします。

多くの路線では、1サイクルを60の約数(何サイクルかすれば60分になる)としています。そうすると、毎時の発車時間が一定になります。

多くの路線では1サイクルに何本かの速達列車と各駅停車を混ぜています。(快速が各駅に停車する場合も含めて)各駅停車は平均10分に1本以上運転するようにしている路線が多いです。これは、どの駅でも10分程度待てば次の電車がやってくることを実現させるためです。

また、1サイクルの間に細かな繰り返しがあるパターンがあります。例えば、20分サイクルで快速2本、各駅停車2本が運転されていて、都心側は快速、各駅停車双方が10分間隔で運転されていて、郊外側で枝分かれするパターンです。この場合は厳密には20分サイクルですが、都心側のダイヤを論じる場合は10分サイクルと考えても差し支えはありません。このような、1サイクルの中で小さな繰り返しがある場合は疑似サイクルと呼ぶことにします。今回の例では、「疑似10分サイクルの中で快速1本、各駅停車1本が運転されている」と呼ぶという具合です。

ダイヤの実態は路線によって異なりますので、疑似サイクルの表記の方法については、適宜対応することにします。

詳細な時刻について

本記事では東京時刻表をベースに解析しています。細かな時刻について掘り下げたい人は東京時刻表をご購入のうえ、ご覧ください。

目黒-白金高輪について

目黒-白金高輪は東京メトロ南北線と都営三田線で線路を共有しています。目黒-南北線の各駅の利用は東京メトロの運賃体系が、目黒-三田線の各駅の利用は都営地下鉄の運賃体系が適用されます。線路を共用しているので、南北線と三田線の全列車を運転できません。この場合はもう片方の路線の電車に乗りかえることになりますが、このときにもう片方の運賃を支払う必要もありません。

つまり、目黒-春日(三田線の駅です)の移動の際に、目黒から白金高輪まで南北線の電車に乗り、白金高輪で乗りかえた場合、目黒から白金高輪までは南北線の電車に乗っていますが、都営地下鉄に支払ったお金で乗ることができます。

なお、目黒-白金高輪のみの利用では、東京メトロか都営地下鉄の安いほうの運賃体系が適用できます。この区間が完成以来、(営団地下鉄→)東京メトロのほうが安いですので、ずっと東京メトロの運賃体系が適用されています。

都営三田線の朝ラッシュ時のダイヤパターン

写真2. 朝の巣鴨駅の光景

目黒から都心への流れと、西高島平から都心への流れの双方の流れがありますので、それぞれの方向について記します。

西高島平から都心への流れ

巣鴨断面で7:40~8:39の間に19本が運転されています。平均3分10秒間隔です。ただし、常に3分10秒間隔ということはなく、ラッシュ最ピーク時は3分間隔で運転され、前後は4分間隔のように見えます(分単位の時刻表からの私の推測です)。

全部の電車が目黒まで向かうわけではありません。白金高輪から目黒までは南北線の電車もやってくるので三田線の電車だけを運転するわけにはいかないのです。具体的には以下の通りです。

・目黒方面行き:12本
・白金高輪行き:7本

だいたい白金高輪行きが連続しないように配慮されていますが、白金高輪断面で8:32~8:41の間には2本の白金高輪行きが入っています。白金高輪行きについては、白金高輪で南北線からの電車に接続しています。

同じ時間帯の南北線は白金高輪行きは4本(麻布十番行きを含めても6本)であり、一見三田線のほうが白金高輪行きが多いように見えます。これは、都心を通る本数は三田線が多いためです。現に、白金高輪-目黒で比べると、三田線12本、南北線11本となっており、三田線のほうが本数が確保されていることがわかります。

なお、高島平断面で7:19~8:21の間はだいたい10分間隔で高島平始発が設定されています。西高島平だけではなく高島平にも着席チャンスを提供する意図もありましょう。

目黒から都心への流れ

白金高輪断面で8:00~8:59の60分間に19本が設定されています。平均3分10秒間隔ですが、平均的に設定されているわけでないのが特徴でしょう。時刻表から読み取る限り、最ピーク時に多くの本数を運転する運転形態です。具体的には以下の間隔と読み取れます。

8:00~8:21 4分間隔
8:21~8:30 3分間隔
8:30~8:40 2分間隔
8:40~8:59 おおむね3分間隔

19本中7本が白金高輪始発で、そのほかの12本が目黒方面からやってきます。基本的に白金高輪始発が2本連続にならないように配慮されていますが、例外が8:24発と8:27発です。そのため、目黒断面で8:16と8:24の間は8分間隔になってしまいます。とはいえ、いずれも東急線-南北線の電車に接続します。

目黒-白金高輪では三田線に向かう電車が12本、南北線に向かう電車が12本運転され、均等に配分していることがわかります。

都営三田線の日中時間帯のダイヤパターン

都営6300系(日比谷)

写真3. 昼下がりの都心の光景(日比谷で撮影)

30分サイクルのパターンダイヤで運転されています。都心部は5本(6分間隔)で運転されています。このうち3本は東急線直通、2本は白金高輪折り返しです。

ここで、注意するべき点が白金高輪発着が2本連続している点です。つまり、直通電車を待つと18分のダイヤホールが生じるということです。ただし、18分のダイヤホールが生じる時間帯については、南北線直通電車が連続して走ります。白金高輪では3分で乗りかえられます。

この3分の乗りかえ時間は(6の倍数の)12分サイクルの都営地下鉄のダイヤと、15分サイクルの東急線のダイヤを調整する意味合いがあります。12分と15分の差が3分です。

時刻表だけ見てみると、南北線も三田線も5分間隔にすれば良さそうです。こういうことです。

・東急線の各駅停車を15分間隔で南北線と三田線にそれぞれ直通
 ※直通しないほうには白金高輪でジャストタイミングで接続

・東急線の急行は30分間隔で南北線と三田線に直通
 ※直通しないほうには金高輪でジャストタイミングで接続

こうすれば、現在の18分のダイヤホールは15分まで短縮されると同時に、60%の確率で生じる白金高輪での乗りかえのロスタイムも3分から0分に短縮されます。南北線よりも乗客が多い印象がありますから、三田線的には5分間隔運転を行っても良いでしょう。ただし、現在以上に整合性のとれないダイヤとなってしまいます。そのため、南北線の乗客が増えるまでは上記ダイヤ案はおあずけです。

都営三田線の夕方ラッシュ時のダイヤパターン

夕方ラッシュ時も両方向を別々に紹介します。

都心から西高島平の流れ

巣鴨断面で18:00~18:59の間に13本運転されます。だいたい5分間隔ですが、一部4分間隔(~4分30秒間隔)が挿入されるイメージです。そのうち7本が白金高輪始発で、目黒からやってくるのは6本しかありません。特に、目黒断面で17:49~18:06は17分ものダイヤホールがあります。この間に3本の南北線電車が走り、その全てが白金高輪始発に接続しますので、実質上の不都合はありません。それでも17分のダイヤホールは感心しません。

対応する時間帯(目黒17:31~18:30)の間に南北線電車は10本運転されますから、6本しかない三田線と利便性に差があります。全体の輸送力を変えたくないのであれば、双方を8本とするほうが便利になるでしょう。

都心から目黒への流れ

三田断面で18:00~18:59の間に12本が設定されています。ただし、きれいな5分間隔ではなく、一部間隔がずれています。そのうちの5本が白金高輪行き、残りの7本が目黒や東急線に向かいます。

ラッシュの順方向となるためか、白金高輪行きが2本以上連続しないように配慮されています。この時間帯の白金高輪行きは全て南北線-目黒方面の電車に連絡します。つまり、白金高輪行きに当たっても、目黒方面に行けるということです。白金高輪-目黒は三田線電車7本、南北線電車9本でややバランスが悪いです。南北線ともども平均5分間隔なのですから、同区間の毎時16本のうち8本を南北線、8本を三田線としたほうが輸送力のバランスはとれましょう。

都営三田線のダイヤパターンまとめ

都営6300系(多摩川)

写真4. 東急との直通も重要(多摩川で撮影)

古くからある路線であり、地下鉄のジャンクションである大手町を通りながら、ややマイナーな印象がある都営三田線。白金高輪での処理という趣味的に興味深い点はありますが、それを除けばダイヤ的にも単純な印象があります。

とはいえ、それが悪いということではありません。地味なダイヤということはそれだけ意識せずに利用できるということです。これからは都心(とりわけ日比谷や大手町)から相鉄線を結ぶ役割も担います。

このように、三田線は地味ながらも自らの役割を全うするためのダイヤを組んで、今日も運転されるのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする