コンフォートホテル宮崎の宿泊記(宮崎駅からのアクセスも紹介!)

宮崎市中心部に位置しながら、コストパフォーマンスに優れたコンフォートホテル宮崎。ここに宿泊しましたので、その様子をまとめます。

写真1. コンフォートホテル宮崎の外観

コンフォートホテル宮崎の感想まとめ

大まかにいうと、コンフォートホテル宮崎の感想は以下の通りです。

  • 宮崎市中心部に位置し、夕食などもとりやすい
  • 朝食の充実度は可もなく不可もなくという感じ
  • 部屋はコンパクトながら清潔であり、それでいながら比較的安い
  • 部屋には電源が多く、機材を多く抱えた旅行でも充実した充電環境が実現

コンフォートホテル宮崎の位置とアクセス

まず、コンフォートホテル宮崎の位置を紹介しましょう。

図1. コンフォートホテル宮崎の位置(googleマップより引用)

コンフォートホテル宮崎の位置です(図1)。宮崎駅からはやや離れていますが、宮崎市の中心部に位置します(宮崎駅と宮崎市中心部は離れています)。

多くの人は宮崎駅からやってくるでしょう。そのアクセスを簡単に紹介します(宮崎空港から宮崎駅まで電車で2~3駅ですので、空路利用でも大きく変わらないと思います)。

図2. 宮崎駅前から橘通り三丁目までの経路(googleマップより引用)

写真2. 宮崎駅の西1のりばに向かう

宮崎駅を出て、西側に向かいます。ちょうどアミュプラザ宮崎の目の前です。もしも、駅を出てアミュプラザがないとしたら、それは間違えたほうの出口です。そのバスターミナルの西1のりばに向かいます。

ここから出る多くの系統は橘三丁目を通ります。念のため、宮崎交通の路線図を示します。もしも、橘通り三丁目を通らない便に乗ってしまった場合は、デパート前で降りれば問題ありません。

その橘通り三丁目から降りたら、若干戻り、大通りを横切る横断歩道を通り、アーケード街を通り、2つ目の十字路を右に曲がればコンフォートホテル宮崎に行けます。

コンフォートホテル宮崎の内装

さて、実際にコンフォートホテル宮崎に行ってみましょう。

写真2. コンフォートホテル宮崎の外観

こちらが入口の外観です。そこまで奇をてらった外装ではありません。

室内の様子

ホテルで重要なのは室内です。その室内の様子を見てみます。

写真3. ベッドの様子

ベッドの様子です(写真3)。非常に一般的なベッドです。なお、寝心地は良く、すぐに眠れました(私は寝つきは良いほうです)。

写真4. テーブルの様子

ベッドわきにはテーブルがあります(写真4)。一般的なビジネスホテルですと、ここにテレビがあることが多いですが、ここではテレビは別の場所にあります。

写真5. テレビは別の場所にある

テレビは別の場所にありました(写真5)。一般的なビジネスホテルでは不可能な、椅子に座りながらのテレビ鑑賞が実現できます。

写真6. 入口のドアは黒い

入口のドアは黒く、高級感が漂います(写真6)。

写真7. ハンガーも備わっている

入口付近にはハンガーもあります(写真7)。扉はなく、洋服を忘れることもなさそうです。

写真8. ベッドの様子

少し角度を変えてベッドの様子を見てみましょう(写真8)。ベッドとテーブルの間はそれなりに空間が取られているように感じました。

写真9. ベッド付近の照明

ベッド付近の照明です(写真9)。ダウンライトもあり、睡眠中にトイレに行ける程度の明るさに調整することもできます。

写真10. ベッドサイドのテーブル

ベッドサイドにテーブルがありました(写真10)。ここに目覚まし機能付きの携帯電話を置きながら、睡眠中に充電することも可能です。

写真11. 電源も充実!

この部屋は電源が充実していました。ベッドサイド(写真10)のほかにも、デスクにも2台の電源が備わっています(写真11)。

写真12. テレビ台の横にも電源がある

テレビ台の横にも電源があります(写真12)。

写真13. テレビ台の下にも電源がある

テレビ台の下にも電源が備わっています(写真13)。ベッドサイドを含めて計6個のコンセントがあります。

写真14. バスルームの様子

バスルームの様子です(写真14)。コンフォートホテル宮崎には大浴場がありませんので、入浴などは部屋で済ませる必要があります。清潔感があり、使う上で問題はありませんでした。

写真15. 洗面台の様子

洗面台の様子です(写真15)。白を基調としたすっきりとしたデザインです。

写真16. タオルも備わっている

タオルも備わっています(写真16)。シャンプー類は備わっていたので、個人的には不満を感じませんでした。

写真17. バスルームの全景

バスルームの全景です(写真17)。

共用部分の様子

共用部分の様子も撮影したので、紹介しましょう。

写真18. エレベータホール

エレベータホールの様子です(写真18)。

写真19. エレベータホール

エレベータホールの角度を変えて撮影しました(写真19)。床はカーペット敷きですので、歩行音が響かない印象がありました。

写真20. 高級感ある廊下

高級感ある廊下です(写真20)。

写真21. 廊下を歩く

このような廊下を歩きます(写真21)。

写真22. エレベータの様子

エレベータの様子です(写真22)。

写真23. カフェスペースの様子

1Fにカフェスペース(朝食会場)が設置されていました。おしゃれな本が多く置いてありました。でも、鉄道雑誌や路線図の類はありませんでした。片手落ちですね。

写真24. カフェスペースの様子

別のアングルからも撮影しています(写真24)。

朝食の様子

ビジネスホテルに宿泊して助かるのが、朝食です。このおかげで朝から外に買い出しに行く必要がありませんし、朝食代も節約できます。その朝食をお伝えします。

写真25. 朝食会場の様子

朝食会場の様子です(写真25)。個人的にはもう少し重厚感ある内装でも良い気がします。なお、朝食会場から風景は期待しないでください。

写真26. サラダがある

洋食の朝食に不可欠なサラダです(写真26)。私はサラダをあまり食べませんが、どのホテルでも当たり前のようにあるということは、ニーズがあるのでしょう。

写真27. おかずもある

主菜もそれなりにありました(写真27)。主菜には地域のおかずはありませんでしたが、ベーシックなもので固められ、不満の残る朝食ではありませんでした。

写真28. パンもいくつかある

パンもいくつかありました(写真28)。このほかにご飯やみそ汁も用意されていました。

写真29. パンはトースターで焼く

そのパンはトースターで焼きます(写真29)。トースターだと1度に1組しか焼けませんので、サラマンダーの必要性を感じました。

写真30. 地域色のケーキもあった

地域色を前面に出したケーキもありました(写真30)。朝からケーキというのもどうかとは思いますが…。

コンフォートホテル宮崎に宿泊してみて

コンフォートホテル宮崎に宿泊してみて、中心部に近い立地を堪能できたように思います。また、駅からのバスの本数も多く(1系統あたりの本数が少ないものの、複数系統が重なるので結果的に本数は充実)、公共交通機関でのアクセスにも不便を感じませんでした。また、提携駐車場もいくつかあり、自動車でのアクセスにも不便しません。

宮崎市内に宿泊するのであれば、比較的リーズナブルで快適なコンフォートホテル宮崎も有用な選択肢になるのではないのでしょうか。

前後を読みたい!

さて、前後でどこに行ったのでしょうか。

←(前)日南線の旅(海幸山幸の車内や車窓も収録)

コンフォートホテル宮崎の宿泊記←今ここ!

特急にちりんの乗車記(次)→

※それぞれ別ウィンドウで開きます

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする