千代田線、常磐線各駅停車(ダイヤパターン紹介)

東京都心部を南西から北東に結ぶ地下鉄千代田線。その北東側では常磐線各駅停車と直通運転していて、一心同体となった運転を行っています。このような重通勤路線ではどのようなダイヤが組まれているのでしょうか。簡単に紹介します。

メトロ16000系

写真1. 我孫子に進入する東京メトロ16000系

復習:ダイヤパターンとは

具体的なダイヤパターンを紹介する前に、ダイヤパターンの基本概念について紹介しましょう。

多くの路線では鉄道ダイヤを作成する際に、基本的なパターンを形成しています。例えば、20分間隔で快速1本、各駅停車が2本が運転されている場合は、20分サイクルのパターンダイヤと呼びます。サイクルとは、列車の運転順序が1回りする時間を示します。例で示した路線の場合は、20分サイクルと呼びます。本記事ではこのような路線の場合、「20分サイクルで快速が1本、各駅停車が2本」というように呼ぶことにします。

多くの路線では、1サイクルを60の約数(何サイクルかすれば60分になる)としています。そうすると、毎時の発車時間が一定になります。

多くの路線では1サイクルに何本かの速達列車と各駅停車を混ぜています。(快速が各駅に停車する場合も含めて)各駅停車は平均10分に1本以上運転するようにしている路線が多いです。これは、どの駅でも10分程度待てば次の電車がやってくることを実現させるためです。

また、1サイクルの間に細かな繰り返しがあるパターンがあります。例えば、20分サイクルで快速2本、各駅停車2本が運転されていて、都心側は快速、各駅停車双方が10分間隔で運転されていて、郊外側で枝分かれするパターンです。この場合は厳密には20分サイクルですが、都心側のダイヤを論じる場合は10分サイクルと考えても差し支えはありません。このような、1サイクルの中で小さな繰り返しがある場合は疑似サイクルと呼ぶことにします。今回の例では、「疑似10分サイクルの中で快速1本、各駅停車1本が運転されている」と呼ぶという具合です。

ダイヤの実態は路線によって異なりますので、疑似サイクルの表記の方法については、適宜対応することにします。

詳細な時刻について

本記事では東京時刻表をベースに解析しています。細かな時刻について掘り下げたい人は東京時刻表をご購入のうえ、ご覧ください。

補足.常磐線の運転系統

東京メトロ16000系

写真2. 千代田線の車両は常磐線各駅停車にも入る(柏-北柏で撮影)

常磐線は上野発着の快速・中距離電車と、地下鉄千代田線に直通する各駅停車があります。この運転系統がわかりにくいでしょうから、私なりにまとめます。

取手より北側(郊外側)は特別快速も含めて各駅にとまるので、そこまで複雑ではありません。そこで、品川-取手について示します(図1)。

常磐線運転系統

図1. 常磐線の運転系統(wikipediaより)

上野から「常磐線」と呼ばれる路線がスタートすると理解しても良いでしょう。常磐線各駅停車はその上野から出発しておらず、都心よりは地下鉄千代田線と直通しています。北千住(正確には綾瀬)から取手までは快速などが通過する各駅もカバーしています。各駅停車しかとまらない駅の人の視点では、上野に向かうよりも千代田線の各駅に向かうほうが便利なのです。

千代田線の視点から見ると、北東側では常磐線各駅停車と直通しています。また、南西側では小田急線と直通しています。常磐線各駅停車はほぼ一体となって運転されているのに対し、小田急線とはやや距離を開けて運転しているように見えます。

千代田線路線図

図2. 千代田線の路線図(wikipediaより引用)

なお、我孫子-取手は朝夕のみの運転で、早朝、日中と夜間の運転はありません。快速が天王台にとまるので、それで良いという考えです。

千代田線・常磐線各駅停車の朝ラッシュ時ダイヤパターン

小田急側と常磐線側からの流れがありますので、千代田線内については両方向をそれぞれ紹介することにします。

朝の代々木上原

写真2. 朝の代々木上原は小田急の速達列車から千代田線に乗りかえる流れも多い

常磐線側からのダイヤパターン

綾瀬断面で7:30~8:29の60分間に27本が運転されます。もう少しわかりやすく分解すると、20分当たり9本の運転です。平均2分13秒間隔です。2分10秒間隔であれば、28本となりますから、一部で2分15秒間隔としているのでしょう。

綾瀬始発が1本、北綾瀬始発が3本ありますから、常磐線内は23本の運転です。以前は24本だったと記憶していますから、さりげなく1本が減便されています。いくら常磐線各駅停車の混雑が緩和傾向であり、209系1000番台を中央線(快速)に転用したいからといっても、このような減便はどうかしています。

常磐線各駅停車内でもこれというパターンはありません。この60分に23本運転されますが、始発駅の内訳は以下の通りです。

・取手:8本

・我孫子:8本

・柏:4本

・松戸:3本

取手-我孫子では最大10分間隔です。ただし、取手-我孫子は快速も天王台にとまるので、とりあえず運転されていれば間隔が若干不均等でも問題ないでしょう。我孫子からは最大7分間隔、柏からは最大5分間隔で運転されます。各駅停車に多くの人が乗るのは柏以南ですから、柏以南で本数が確保されていれば問題ないでしょう。

ここで興味深いことがあります。朝ラッシュ時の我孫子始発です。我孫子は多くの電車の始発駅ですが、我孫子断面で7:18~7:38(大手町基準で8:15~8:33)は始発電車がありません。「始発で座れる」という文言で住宅が売られていますが、このようなトラップに注意したいものです。

千代田線内では代々木上原行き(小田急線直通も含む)が多いですが、先の27本のうち5本は明治神宮前行きです。明治神宮前まで向かえば通勤客の多くは降りることでしょう。そのため、代々木上原まで27本向かう必要はないのです。以前はラッシュ時に霞ケ関行きがありましたが、現在は代々木上原行きに延長されています。霞ケ関行きの直後に混雑が集中するので、延長されたのでしょう。

小田急側からのダイヤパターン

おおむね2.5分間隔で運転されていますが、最ピーク時以外は若干間隔が開きます。そのため、代々木上原断面で7:50~8:49での運転本数は24本ではなく、23本です。

基本的なパターンは小田急線からの直通電車と、代々木上原からの始発電車が交互(それぞれ5分間隔)です。小田急線からの直通電車は10分間隔の通勤準急(本厚木始発が原則)と10分間隔の各駅停車(向ヶ丘遊園始発)が基本です。とはいえ、小田急線でのダイヤパターンが完全な10分サイクルではない(ラッシュ前後での調整など)ので、これはあくまでも原則です。

小田急線側からの電車はすべて綾瀬まで向かいます。湯島や北千住行きはないということです。常磐線まで直通する電車はそこまで多くありません。常磐線側に入ると下りですが、この時間帯の常磐線各駅停車下りの需要が大きくないためです。

綾瀬-北綾瀬は区間電車も含めておおむね10分以内の間隔で運転されています。

千代田線と常磐線各駅停車の日中時間帯のダイヤパターン

メトロ16000系(大手町)

写真4. 小田急線直通がやってきた(大手町で撮影)

日中時間帯のダイヤパターンは単純です。以下の組み合わせで運転されます。

・我孫子-向ヶ丘遊園(小田急線内準急):20分間隔

・我孫子-代々木上原:20分間隔

・北綾瀬-代々木上原:20分間隔

・綾瀬-代々木上原:20分間隔

・北綾瀬-綾瀬:20分間隔

このように書くと難しく感じるでしょうが、そこまで身構えることはありません。千代田線内が5分間隔、常磐線各駅停車は10分間隔で運転され、そのうち20分に1本だけ小田急線に直通して向ヶ丘遊園に向かいます。また、綾瀬-北綾瀬は10分間隔で運転されますが、半数は1駅のみ運転で、もう半数は代々木上原方面に直通します。区間運転は綾瀬で2分の接続時間で綾瀬発着と接続します。ダイヤ的には直通しても問題ありませんが、乗客が少ないので直通電車(10両編成)ではなく区間運転(3両編成)としているのでしょう。

千代田線・常磐線各駅停車の夕方ラッシュ時ダイヤパターン

E233系2000番台(柏)

写真5. 柏どまりの入線(E233系2000番台、柏)

小田急側と常磐線側からの流れがありますので、千代田線内については両方向をそれぞれ紹介することにします。

常磐線側へのダイヤパターン

常磐線側へはおおよそ3分間隔で運転されています。ただし、北千住断面で一部4分間隔だったりしますので、毎時20本運転ではありません。とはいえ、北千住断面で18:00~18:59の60分間でカウントすると、20本があります。

この20本の行先の内訳は以下の通りです。

・取手:6本

・我孫子:5本

・柏:6本
 ※松戸行きはありません

・北綾瀬:3本
 ※松戸行きはありません

取手行きのほうが我孫子行きよりも多いことが意外です。我孫子までは11本ありますから、理論上は6分以内で次の電車が来る計算になりますが、10分間隔が開くこともあります。とはいえ、柏以北の利用客はそこまで多くありませんので、大きな問題は生じません。

ただし、柏まで7分間隔のときがあり、これは問題です。そうなるのは、間に北綾瀬行きがはさまり、間隔が開くためです。そうはいっても、北綾瀬行きを松戸行きか柏行きに振り替えるのも北綾瀬への直通サービスを謳う以上、得策ではありません。やるとすれば、北綾瀬行きに接続する綾瀬始発松戸行きを設定するくらいです。また、全体的に増発して、北綾瀬行きの前後を2.5分間隔として、柏までの最大運転間隔を5分とする手もあります。

多くは代々木上原始発ですが、一部は霞が関始発です。このようにして都心からも着席チャンスを提供しているのでしょう。

綾瀬から北綾瀬へは区間運転も含めて10分以内の間隔を実現しています。

小田急側へのダイヤパターン

小田急線が30分サイクルのパターンダイヤを採用していることもあり、30分に8本の運転が基本です。ただし、ピーク時以外は若干間隔が開きますから、必ず平均3分45秒間隔になっているわけではありません。

基本的に、代々木上原行きと小田急直通が半々です。このことによって、代々木上原行きから降りた人で代々木上原の小田急線下りホームが埋め尽くされることがないように配慮しています。

小田急線直通は30分に4本うんてんされますが、急行伊勢原行きが1本、準急が2本(本厚木行きと成城学園前行きの交互が基本)、各駅停車成城学園前行きが1本という陣営です。準急成城学園前行きは各駅停車でも良さそうですが、経堂に30分に2本の速達列車をとめるというポーズなのでしょう。急行は小田急線内で快速急行藤沢行きに抜かされますが、意外とこの急行は小田急線内でも乗る人が多いです。

なお、小田急線内の種別に関わらず、千代田線内は各駅にとまります。

千代田線と常磐線各駅停車のダイヤパターンまとめ

千代田線は南西側で小田急線、北東側で常磐線と直通運転しています。どちらかというと常磐線側とのつながりが強く、小田急線とのつながりが弱い印象があります。小田急線側の乗客の多くが新宿指向なので、千代田線との直通を求めないためです。とはいえ、両線にとっても千代田線とのつながりは重要です。

また、常磐線各駅停車内もそれなりの本数を確保しています。常磐線は各駅停車と快速を合わせて1つの路線ですが、沿線住民の実感としては、別の路線というものです。そのため、ダイヤ面でも連携はあまりとっていません。これからは常磐線との連携も重要となることでしょう。

E233系2000番台(金町-松戸)

写真5. 常磐線を走る様子(金町-松戸で撮影)

詳細な時刻について

本記事では東京時刻表をベースに解析しています。細かな時刻について掘り下げたい人は東京時刻表をご購入のうえ、ご覧ください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする