地下鉄有楽町線、副都心線(ダイヤパターン紹介)

1970年代から存在する地下鉄有楽町線。そして、東京メトロで一番新しい地下鉄副都心線。都心部で見ると異なる地下鉄路線のように感じられますが、実は兄弟路線ともいえます。そんな両線のダイヤを紹介します。

メトロ10000系(永田町)

写真1. 政治の中枢、永田町に進入する電車

復習:ダイヤパターンとは

具体的なダイヤパターンを紹介する前に、ダイヤパターンの基本概念について紹介しましょう。

多くの路線では鉄道ダイヤを作成する際に、基本的なパターンを形成しています。例えば、20分間隔で快速1本、各駅停車が2本が運転されている場合は、20分サイクルのパターンダイヤと呼びます。サイクルとは、列車の運転順序が1回りする時間を示します。例で示した路線の場合は、20分サイクルと呼びます。本記事ではこのような路線の場合、「20分サイクルで快速が1本、各駅停車が2本」というように呼ぶことにします。

多くの路線では、1サイクルを60の約数(何サイクルかすれば60分になる)としています。そうすると、毎時の発車時間が一定になります。

多くの路線では1サイクルに何本かの速達列車と各駅停車を混ぜています。(快速が各駅に停車する場合も含めて)各駅停車は平均10分に1本以上運転するようにしている路線が多いです。これは、どの駅でも10分程度待てば次の電車がやってくることを実現させるためです。

また、1サイクルの間に細かな繰り返しがあるパターンがあります。例えば、20分サイクルで快速2本、各駅停車2本が運転されていて、都心側は快速、各駅停車双方が10分間隔で運転されていて、郊外側で枝分かれするパターンです。この場合は厳密には20分サイクルですが、都心側のダイヤを論じる場合は10分サイクルと考えても差し支えはありません。このような、1サイクルの中で小さな繰り返しがある場合は疑似サイクルと呼ぶことにします。今回の例では、「疑似10分サイクルの中で快速1本、各駅停車1本が運転されている」と呼ぶという具合です。

ダイヤの実態は路線によって異なりますので、疑似サイクルの表記の方法については、適宜対応することにします。

詳細な時刻について

本記事では東京時刻表をベースに解析しています。細かな時刻について掘り下げたい人は東京時刻表をご購入のうえ、ご覧ください。

直通運転と停車駅について

東急車のFライナー急行が若葉に到着

写真2. 副都心線を通って東武線から東急線に向かう急行(東上線内で撮影)

地下鉄有楽町線と副都心線は私鉄と相互直通を行っています。

・有楽町線:小竹向原で西武鉄道、和光市で東武鉄道

・副都心線:渋谷で東急電鉄、小竹向原で西武鉄道、和光市で東武鉄道

この全体像がわかる路線図はなかなかありませんが、東武鉄道が有楽町線、副都心線と東急線と直通している路線図を公式サイトに掲載してくれています。本記事でも東武鉄道に敬意を示して掲載いたします(図1)。

地下鉄有楽町線、副都心線の路線図(東武鉄道)

図1. 地下鉄有楽町線と副都心線の路線図(東武鉄道公式サイトより)

地下鉄有楽町線は全て各駅停車というのはわかりやすいです。一方、副都心線では各駅停車の他に急行通勤急行があります。

東急電鉄、西武鉄道、東武鉄道に直通し、行先は多岐にわたります。しかし、本記事では地下鉄線内のダイヤ解析を主眼に置く目的上、直通先の行先には立ち入らず、直通する鉄道会社のみ立ち入ることにします。

地下鉄有楽町線、副都心線の朝ラッシュ時のダイヤパターン

有楽町線は和光市から都心に向かう流れが主体ですが、副都心線は両側からの流れがあります。そこで、本記事では両方向について述べることにします。

和光市から都心への流れ

だいたい15分サイクルのパターンダイヤで運転されます。1サイクル当たりの内訳は以下の通りです。

有楽町線:西武線から2本、東武線から1本、和光市始発3本

副都心線:西武線から通勤急行1本、東武線から通勤急行1本、西武線から各駅停車1本、東武線から各駅停車1本

有楽町線は2.5分間隔で各駅停車が運転されます。副都心線は7.5分間隔で通勤急行1本と各駅停車1本が運転されます。つまり、有楽町線は15分に6本、副都心線は15分に4本の運転です。副都心線は都内の地下鉄の割には本数が少なめです。路線名が示す通り、都心部には向かわないので、この程度で良いとされているのでしょう。

両線合わせて15分に10本運転されます。これらが西武線から4本、和光市方面から6本設定されています。計算上、西武線→副都心線、和光市→有楽町線で勘定が合いますが、そのようなことにはなっていません。和光市方面、西武鉄道側の双方から都心方面と副都心方面に向かうニーズがあるためです。

本数の内訳を見ると、西武線から有楽町線副都心線を各2本設定し、東武から有楽町線副都心線通勤急行副都心線の各駅停車を各1本確保し、残りを和光市からの有楽町線が補っているイメージです。

これだけ見ると、東武からの有楽町線が15分間隔と少なさそうに見えます。しかし、東武線内には多くの電車が運転されていて、和光市で始発の有楽町線に同じホームで乗りかえられます。このため、東武からの有楽町線は無理して多くの本数を確保する必要もないのです。

小竹向原での接続は特に意識している部分はなさそうです。朝ラッシュ時は本数が多く、接続に気を配らなくとも、すぐに次の電車がやってくるのです。特に、有楽町線は2.5分間隔ですから、接続をことさら意識する必要もないことはわかります。

渋谷からの流れ

基本的に15分サイクルのパターンダイヤで運転されます。全て東急からの直通で、渋谷始発はありません。1サイクル当たりの内訳は以下の通りです。

通勤急行:2本

各駅停車:2~3本

15分に2回、通勤急行各駅停車が運転されるのが基本です。ただし、各駅停車の間隔が大きく開く箇所には救済のために規格外で各駅停車が追加されます。追加の各駅停車の多くは和光市や西武線には向かわずに、池袋行きです。

地下鉄有楽町線、副都心線の日中時間帯のダイヤパターン

東武9000系(永田町)

写真3. 永田町に停車中の東武車

30分サイクルのパターンダイヤで運転されます。1サイクル当たりの内訳は以下の通りです。

有楽町線:新木場-西武線3本、新木場-東武線1本、新木場-和光市2本

副都心線急行2本(15分間隔、東急線-東武線1本と東急線-西武線1本)、各駅停車5本(東急線-西武線1本、東急線-和光市3本、東急線-池袋1本)

有楽町線は30分に6本、つまり5分に1本運転されます。うち3本が西武線に向かい、もう3本が和光市に向かいます。和光市から東武線に入るのは30分に1本だけです。東武線直通が30分に1本なのは、東上線の池袋への需要が比較的大きいためという部分もありましょう。西武線直通が2本連続することはありますが、3本は連続しません。

副都心線は15分に1本の急行と15分に2本の各駅停車というのが基本です。これだと急行通過駅は15分に2本と、他のメトロ線よりも運転間隔で見劣りしてしまいます(南北線が6分間隔、他のメトロ線は5分以下の間隔)。そのようなメンツを保つためか、30分に1本だけ渋谷-池袋の区間運転があります。

副都心線急行は東武方面と西武方面に分岐します。また、西武線直通の各駅停車も30分間隔で設定されています。西武線直通は30分に2本が確保されています。

小竹向原での接続

有楽町線副都心線ともに和光市方面、西武線方面で間隔が開く箇所があります。これについては、両方の運転系統が重なる小竹向原での接続でカバーする運転形態になっています。

例) 有楽町線から西武線に行きたい人については、とりあえず有楽町線に乗ってもらい、小竹向原で副都心線から西武線への電車に乗りかえるということです。基本的に小竹向原で1~3分待つと、別系統に連絡します。

とはいえ、そこまで美しい接続ではありません。有楽町線副都心線ともに平均5分間隔で運転されています。そうであれば、小竹向原断面で双方とも完全な5分間隔で運転し、小竹向原で1分停車で同時発着を行えば、どの方向からどの方向へも乗りかえ時間1分で乗りかえ可能です。

例) 副都心線から西武線へのの急行が小竹向原に12:12に到着、12:13に発車。これと同時に有楽町線から東武線への各駅停車が12:12に到着、12:13に発車とします。こうすれば、副都心線から東武線に行きたい人も、有楽町線から西武線に行きたい人も小竹向原での接続時間1分で乗りかえられます。また、乗りかえない人も停車時間1分で済みます。

地下鉄有楽町線、副都心線の夕方ラッシュ時のダイヤパターン

朝ラッシュ時と同じく、都心から両方向への流れがありますので、それぞれを記します。

都心から和光市方面と西武線への流れ

池袋断面で18時台の本数の内訳は以下の通りです。

有楽町線:15本(S-train含む)
※西武線直通各駅停車が6本、S-trainが1本、東武線直通各駅停車が3本、和光市行きが5本

副都心線:12本
※西武線直通通勤急行が2本、東武線直通通勤急行が1本、通勤急行和光市行きが1本、西武線直通各駅停車が1本、東武線直通各駅停車が3本、各駅停車和光市行きが4本

西武線直通は有楽町線が6本、副都心線が3本と、日中時間帯の10本より少ないです。S-trainを含んでようやく11本です。とはいえ、平均運転間隔が6分以下ですので、利用するうえでそこまで不便この上ないとは思わないでしょう。東武線方面への直通も少ないですが、和光市まで向かえば和光市で東武東上線の電車が多くやってきますので、そこまで問題ありません。

とはいえ、非常にきたないダイヤです。副都心線が毎時12本運転ですから、有楽町線も毎時16本運転として、30分サイクルのパターンダイヤにするのは最低限の礼儀です。また、せっかくの副都心線通勤急行のうち1本が和光市どまりというのも芸がありません。東武線に直通するべきでしょう。そのぶん副都心線各駅停車の東武線直通は和光市行きに振り替えます。

副都心から渋谷への流れ

基本的に15分サイクルのパターンダイヤで運転されます。1サイクル当たりの内訳は以下の通りです。

通勤急行:1本

各駅停車:3本、そのうち1本は新宿三丁目始発が基本

ただし、例外があり、新宿三丁目断面で17:54~18:09の間や18:54~19:09の間は各駅停車が2本しかありません。これは新宿三丁目断面で18:09~18:54が最ピークと判断されているのでしょう。新宿三丁目始発を設定して、新宿地区からの着席チャンスを提供しようという心意気を感じます。

有楽町線と副都心線のダイヤパターンまとめ

有楽町線と副都心線は経由地こそ異なるものの、兄弟路線として関係が深い路線です。その証拠に、両線で使用する車両が同じです。全体的な印象ですが、有楽町線は東武線や西武線から都心への流動を重視し、副都心線は東急線から副都心への流動を重視している印象があります。

有楽町線も副都心線も多くの鉄道会社と直通し、さらに小竹向原で相互の系統が入り乱れるという複雑なダイヤとなっています。これだけ複雑だと全ての要求を満たすダイヤを組むのは大変困難でしょう。現在は、ある程度完成度が低い部分もありますが、なかなかの完成度を誇るダイヤです。これからも複雑なオペレーションを組んで、国際都市東京の動脈を担うことでしょう。

(イメージ)写真4. 別系統がパートナーチェンジする駅のイメージ(ドイツ連邦共和国ニュルンベルク中央駅)

※この駅で、(a)ウィーン発デュッセルドルフ行きと、(b)ウィーン発ハンブルク行きが切り離される。また、(c)インスブルック発デュッセルドルフ行きと(d)インスブルック発ハンブルク行きが切り離される。

そして、パートナーを変えて、(a)ウィーン発デュッセルドルフ行きと、(c)インスブルック発デュッセルドルフ行きが連結される。また、(b)ウィーン発ハンブルク行きと(d)インスブルック発ハンブルク行きが連結される。つまり、(a)+(b)と(c)+(d)の組み合わせが(a)+(c)と(b)+(d)の組み合わせに変わるということです。

詳細な時刻について

本記事では東京時刻表をベースに解析しています。細かな時刻について掘り下げたい人は東京時刻表をご購入のうえ、ご覧ください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする