京成押上線(ダイヤパターン紹介)

短い路線でありながら、都営浅草線と京成線や北総線をつなぐ役割のある京成押上線。とはいえ、沿線住民の足としての役割も重要です。これら相反する役割をどのように果たしているのか、ダイヤ面での工夫から探りました。

京急600形(京成船橋)

写真1. 日中時間帯の花形の1つ、快速(京成船橋で撮影)

復習:ダイヤパターンとは

具体的なダイヤパターンを紹介する前に、ダイヤパターンの基本概念について紹介しましょう。

多くの路線では鉄道ダイヤを作成する際に、基本的なパターンを形成しています。例えば、20分間隔で快速1本、各駅停車が2本が運転されている場合は、20分サイクルのパターンダイヤと呼びます。サイクルとは、列車の運転順序が1回りする時間を示します。例で示した路線の場合は、20分サイクルと呼びます。本記事ではこのような路線の場合、「20分サイクルで快速が1本、各駅停車が2本」というように呼ぶことにします。

多くの路線では、1サイクルを60の約数(何サイクルかすれば60分になる)としています。そうすると、毎時の発車時間が一定になります。

多くの路線では1サイクルに何本かの速達列車と各駅停車を混ぜています。(快速が各駅に停車する場合も含めて)各駅停車は平均10分に1本以上運転するようにしている路線が多いです。これは、どの駅でも10分程度待てば次の電車がやってくることを実現させるためです。

また、1サイクルの間に細かな繰り返しがあるパターンがあります。例えば、20分サイクルで快速2本、各駅停車2本が運転されていて、都心側は快速、各駅停車双方が10分間隔で運転されていて、郊外側で枝分かれするパターンです。この場合は厳密には20分サイクルですが、都心側のダイヤを論じる場合は10分サイクルと考えても差し支えはありません。このような、1サイクルの中で小さな繰り返しがある場合は疑似サイクルと呼ぶことにします。今回の例では、「疑似10分サイクルの中で快速1本、各駅停車1本が運転されている」と呼ぶという具合です。

ダイヤの実態は路線によって異なりますので、疑似サイクルの表記の方法については、適宜対応することにします。

京成押上線の停車駅

京成電鉄の路線図を示します(図1)。

京成路線図

図1. 京成の路線図

京成押上線には多くの種別が運転されています。具体的には、アクセス特急快速特急特急通勤特急快速普通が設定されています。とはいえ、そうびびる必要はありません。京成押上線内での停車駅は以下の2パターンしかないためです。

普通:各駅に停車

そのほか:押上-青砥ノンストップ

これだけではあまりに簡素な説明でしょう。そこで、直通先も踏まえてもう少し詳しく説明しましょう。

アクセス特急:成田スカイアクセス線経由で成田空港と直結

快速特急特急通勤特急:基本的に京成本線に直通。京成本線内の停車駅の違いによって、3種類に区分される。ただし、朝ラッシュ時上りに限って、北総線からの特急の設定あり(朝ラッシュ時上りは京成本線から特急の運転はない)

快速:京成本線に直通し、京成本線内では準速達列車として機能。例外的に京成高砂発着もあり。

都営浅草線側の発着駅について

京成押上線は都営浅草線と相互直通運転を行っています。都営浅草線は反対側で京急線に直通している関係で行先は多くありますが、都営浅草線まで向かえば京成利用者の多くにとっては関係ないでしょう。そこで、本記事では都営浅草線側の行先について特に触れることはせずに、都営浅草線方面などと記すこととします。

京成押上線の朝ラッシュ時上りのダイヤパターン

京急1000形(青砥)

写真2. 青砥は重要なジャンクション(撮影は朝ラッシュ時ではない)

40分サイクルのパターンダイヤで運転されています。1サイクルあたりの内訳は以下の通りです。

アクセス特急:成田空港-都営浅草線1本

快速特急:京成本線-都営浅草線4本(合わせて10分間隔)

特急:北総線-都営浅草線2本(20分間隔)

普通:北総線-都営浅草線4本、青砥-都営浅草線4本(いずれも10分間隔、合わせて5分間隔)

基本は5分に1本の特急系と5分に1本の普通が運転されています。速達列車は半分が北総線直通、もう半分が京成本線直通です。ただし、アクセス特急は20分間隔ではなく、40分間隔です。そのため、40分に1回だけは普通が連続します。

もともとは20分に1本は押上始発でした。成田スカイアクセス線の開業にともない、押上始発の半数をアクセス特急に置き換えました。その副産物として、速達列車の10分穴は40分に1回に減少しています。

速達列車は普通を八広で追い抜きます。余談ですが、北総線からの特急(北総線-都営浅草線)と京成本線の通勤特急(京成本線-京成上野)は相互に接続します。これによって、京成本線から都営浅草線方面の速達列車の乗車チャンスは20分に3回確保されています。

京成押上線の日中時間帯(昼間)のダイヤパターン

昼間は40分サイクルのパターンダイヤで運転されています。1サイクルあたりの内訳は以下の通りです。

アクセス特急:羽田空港-成田空港1本(成田スカイアクセス線経由)1本

快速特急:羽田空港-青砥1本

アクセス特急快速特急を合わせて20分間隔、いずれも都営線内はエアポート快特

快速:西馬込-成田空港1本、西馬込-京成佐倉1本
 ※西馬込-京成佐倉では20分間隔

普通:羽田空港-北総線(たいてい印旛日本医大、一部印西牧の原)2本、京急線-青砥2本
 ※いずれの系統も20分間隔、京成押上線内は10分間隔

基本的に10分に1回の速達列車、10分に1本の普通が運転されます。運転パターン的には普通は北総線に入っても良いですが、北総線の需要がそこまでないので、半数は青砥までの運転と考えましょう。青砥折り返しの普通は運転上の都合で京成高砂まで運転されることもあります。

10分に1本の速達列車は快速特急系があります。いずれも20分間隔の運転です。特急系は半数は青砥までの運転、もう半数はアクセス特急として成田空港まで直通します。

青砥までのは特急ではなく、快速特急と案内されます。押上線内は特急でも快速特急でも停車駅は同じですので、特急と命名して良さそうです。では、なぜ快速特急と称したのでしょうか。この快速特急は都営線内をエアポート快特として運転されますし、京急線内も快特として運転されます。そうであれば、快速特急のほうが一体的な名称です。そのため、快速特急と称したのでしょう。

快速特急アクセス特急も青砥で京成本線の快速特急特急に接続します。品川-青砥はどちらも停車駅は同じです。そのため、都営浅草線と京成本線の主要駅には20分間隔で速達列車で結ばれることになります。

快速は日中時間帯唯一の都営浅草線と京成本線の直通列車です。残念ながら京成高砂で3分間停車しています(上りは押上で2分停車)。京成本線の項目でも述べましたが、京成上野-ちはら台の特急を新設するべきでしょう。青砥-京成高砂で同時走行、京成高砂で3分停車とすれば、船橋や津田沼に急ぐ人は乗りかえることで早く着きますし、乗りかえない人も今までの所要時間のままです。

日中時間帯は上手なダイヤですが、快速の処理がやや残念です。それでも、都営線、京成上野の両方から速達列車に乗れるダイヤにするなど、昔よりもダイヤの完成度は上がっています。

京成押上線の夕方ラッシュ時下りのダイヤパターン

京成の複々線区間(京成高砂-青砥)

写真3. 京成のダイヤの肝、青砥-高砂の複々線区間

京成押上線内では10分サイクルのパターンダイヤで運転されています。ただし、北総線内の処理の関係で、京成高砂から先は10分サイクルではありません。

1サイクルあたり、以下の内訳で運転されています。

快速特急:都営浅草線-京成本線(京成成田や成田空港が中心)

普通:都営浅草線-北総線1本、都営浅草線-青砥1本
 ※北総線直通は30分に1本は北総線内急行、そのほかは北総線内普通

京成押上線内でいえば、非常に簡単なダイヤです。10分に1本の快速特急を基準にすると、快速特急→北総線直通の普通普通青砥行きの順番です。ただし、北総線直通の普通はすべてが北総線内普通ということはなく、30分に1本は北総線内急行です。最後の普通青砥行きは八広で快速特急に抜かされます。

朝ラッシュ時や日中時間帯と異なり、アクセス特急の運転はありません。都営浅草線方面の本数が多いので、アクセス特急を運転する余裕はありません。そこで、京成上野発着としています。アクセス特急快速特急は相互接続を行わず、アクセス特急から快速特急への接続のみです。いいかえると、京成上野から快速特急への速達列車へのチャンネルはそれなりにあるということです。

京成押上線のダイヤパターンまとめ

京成押上線のダイヤを紹介しました。朝や夕方は通勤客の流れが都営浅草線方面に伸びていることもあり、あたかも京成本線の一部として運転されている様子がわかりました。(京成本線からの流れが)日中時間帯は主流となるのは山手線接続駅の日暮里です。このため、京成押上線はメインルートとはなりません。それでも、青砥での速達列車リレーを成立させることによって、致命的な不便にはならないように配慮がなされています。

成田スカイアクセス線が開業して、多くの時間帯で成田空港への直結列車であるアクセス特急も運転が開始されました。成田空港と「外国人受け」する浅草を結ぶという新たな役割も課せられて、新たな使命も背負っています。

このように、これからも多くの種別の運転で多くのニーズに対応する路線であり続けるのでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする