都営浅草線(ダイヤパターン紹介)

東京の地下鉄で初の私鉄との直通を行った都営浅草線。都心部の経由地がやや東に寄っており、線内の利用だけではそこまで乗客を見込めない面があります。そこで、昔から京急線や京成線との直通に活路を見い出してきました。そんな都営浅草線のダイヤを解析してみました。

京成3600形(日本橋)

写真1. 都営浅草線は5者の直通なので車両の見本市でもある(京成車、日本橋で撮影)

復習:ダイヤパターンとは

具体的なダイヤパターンを紹介する前に、ダイヤパターンの基本概念について紹介しましょう。

多くの路線では鉄道ダイヤを作成する際に、基本的なパターンを形成しています。例えば、20分間隔で快速1本、各駅停車が2本が運転されている場合は、20分サイクルのパターンダイヤと呼びます。サイクルとは、列車の運転順序が1回りする時間を示します。例で示した路線の場合は、20分サイクルと呼びます。本記事ではこのような路線の場合、「20分サイクルで快速が1本、各駅停車が2本」というように呼ぶことにします。

多くの路線では、1サイクルを60の約数(何サイクルかすれば60分になる)としています。そうすると、毎時の発車時間が一定になります。

多くの路線では1サイクルに何本かの速達列車と各駅停車を混ぜています。(快速が各駅に停車する場合も含めて)各駅停車は平均10分に1本以上運転するようにしている路線が多いです。これは、どの駅でも10分程度待てば次の電車がやってくることを実現させるためです。

また、1サイクルの間に細かな繰り返しがあるパターンがあります。例えば、20分サイクルで快速2本、各駅停車2本が運転されていて、都心側は快速、各駅停車双方が10分間隔で運転されていて、郊外側で枝分かれするパターンです。この場合は厳密には20分サイクルですが、都心側のダイヤを論じる場合は10分サイクルと考えても差し支えはありません。このような、1サイクルの中で小さな繰り返しがある場合は疑似サイクルと呼ぶことにします。今回の例では、「疑似10分サイクルの中で快速1本、各駅停車1本が運転されている」と呼ぶという具合です。

ダイヤの実態は路線によって異なりますので、疑似サイクルの表記の方法については、適宜対応することにします。

詳細な時刻について

本記事では東京時刻表をベースに解析しています。細かな時刻について掘り下げたい人は東京時刻表をご購入のうえ、ご覧ください。

朝ラッシュ時の都営浅草線のダイヤパターン

両方向からの流れがあるので、それぞれの方向ごとに記します。京成線や京急線の種別に関わらず、朝ラッシュ時は都営浅草線内は普通です。

押上→都心の流れ

みごとな2分30秒間隔です。京成線内速達列車が5分間隔、京成線内普通が5分間隔を合わせた格好です。ただし、京成本線→都営浅草線の速達列車は10分間隔、北総線からの速達列車は20分間隔、成田スカイアクセス線経由の速達列車は40分間隔であり、40分に1回だけ京成線内速達列車が10分開く箇所があります。この箇所は押上始発が入ります。

便宜上、押上始発も京成線内速達列車としてカウントしますと、以下の運転系統です。

・京成線内速達列車:西馬込行き
・京成線内普通:京急線直通(だいたい三崎口行きと羽田空港行きが10分間隔です)

西馬込→都心への流れ

こちらも押上→都心と同様のダイヤでおおむね2分30秒間隔での運転です。西馬込始発と京急線始発が交互に運転され、両者が重なる泉岳寺→押上で2分30秒間隔で運転されます。

ただし、みごとな2分30秒間隔運転は泉岳寺断面で7:43~8:08に限定され、前後の時間はやや間隔が伸びています。そうはいっても、おおむね2分30秒間隔で運転されています。3分以上の間隔ということはなく、せいぜいときたま2分40秒~3分間隔が混ざる程度のものです(分単位の時刻表からの推測です)。

都営浅草線の日中時間帯のダイヤパターン

京急1000形(日本橋)

写真2. 京急車も姿を見せる(日本橋で撮影)

京成線内や京急線内では40分サイクルとなりますが、都営浅草線内を考えるのであれば、20分サイクルといって差しさわりはありません。正確には40分サイクル、疑似20分サイクルというのが実態を示す表現でしょう。

1サイクル当たりの内訳は以下の通りです。

エアポート快特:羽田空港-都営浅草線-京成線1本
 ※半数は京急線内エアポート快特、京成押上線内アクセス特急として成田スカイアクセス線経由成田空港発着、
※もう半数は京急線内快特、京成押上線内快速特急として青砥発着

普通:3本
 ※三崎口-青砥(か京成高砂)1本(京急線内快特)、西馬込-京成本線1本(京成線内快速)、羽田空港-北総線1本(京急線内快特)

京成線や京急線のダイヤの都合で発着駅や直通先の種別は複雑なものになっていますが、都営浅草線的にはエアポート快特が20分間隔、普通が20分に3本の運転です。泉岳寺-新橋で5分間隔で運転されることに重点を置いているのか、エアポート快特通過駅では10分間隔が開くことがあります。

エアポート快特は押上で普通を追い抜きます。

このほかに、20分に2本、西馬込-泉岳寺で区間運転があります。これによって、西馬込-京成線の1本含めて、西馬込-泉岳寺でも20分に3本の運転が確保されています。

本記事の管轄外となりますが、泉岳寺発着の京急線快特の運転があり、都営浅草線と品川の間は平均5分間隔の乗車チャンスが確保されています。

都営浅草線の夕方ラッシュ時のダイヤパターン

都営5300形

写真3. 夕方ラッシュ時輸送を担う様子

両方向のダイヤパターンが異なりますので、それぞれの方向で記します。京急線や京成線の種別に関わらず、夕方ラッシュ時も都営浅草線内は普通です。ただし、夜間に入ると品川→押上の方向に20分~30分程度の間隔でエアポート快特が設定されます(逆方向はありません)。

都心→押上の流れ

都営浅草線内は10分に3本が運転されます。朝ラッシュ時は10分に4本、昼間は10分に2本ですから、ちょうど中間の本数ですね!

1サイクル当たりの内訳は以下の通りです。

・京成線内快速特急:西馬込-京成線1本

・北総線直通普通:羽田空港-北総線1本(30分に1本は北総線内急行)

普通:三崎口-青砥1本

京成線内快速特急が主軸となっており、これが10分間隔です。このほかに普通が2本運転されます。

このほかに、西馬込-泉岳寺の区間運転が10分間隔で運転され、西馬込-泉岳寺では平均5分間隔の運転が確保されています。

都心→西馬込の流れ

西馬込行きの運転間隔が正確な10分ではありませんので、ややずれている箇所がありますが、こちらも10分に3本の運転が基本です。

・京急線内エアポート急行:羽田空港行き(多くが北総線から)

・京急線内快特:三崎口行き(多くが青砥から)

普通:西馬込行き

10分に1本の京急線内快特が軸となる印象です。京急線(=品川)直通がそれだけだと足りませんから、羽田空港行きも加わります。このほかに、西馬込行きが加わり、10分に3本の運転です。ただし、10分に4本運転されたり、10分に2本しか運転されなかったりと正確な10分サイクルではありません。

このほかに、泉岳寺-西馬込の区間運転が10分間隔で設定され、泉岳寺-西馬込は平均5分間隔の運転が確保されています。

都営浅草線のダイヤパターンまとめ

北総(公団)9100形(日本橋)

写真4. 公団車(管理は北総)も姿を見せる

昔から京急線や京成線と密接な直通を行ってきた都営浅草線。直通先がたまたま2つの空港に直結していることから、2つの国際空港に直結している東京唯一の地下鉄でもあります。それだけにダイヤの組みかたが直通中心になっている印象を受けます。

とはいえ、都営浅草線内だけの利用者をないがしろにしているわけでもないでしょう。その証拠に、朝夕は普通のみの運転として、都内の足として便利なようになっています。

都内のややマイナーな場所を通ることがあり、やや知名度の低い都営浅草線。だからといってダイヤ的につまらないことは全くありません。これからも都内の動脈として、そして直通先とのコラボレーションで郊外への足として、そして2つの国際空港に直結した路線として、都営浅草線は独自の歩みを続けるのでしょう。

詳細な時刻について

本記事では東京時刻表をベースに解析しています。細かな時刻について掘り下げたい人は東京時刻表をご購入のうえ、ご覧ください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする