東急東横線(ダイヤパターン紹介)

渋谷と横浜を結んでいて、途中に利用の多い駅もある東急東横線。その東横線ではどのようなダイヤパターンで運転されているのでしょうか。簡単な運転パターンをまとめました。

メトロ10000系(中目黒)

写真1. 東横線には地下鉄の車両も恒常的に入る(中目黒)

復習:ダイヤパターンとは

具体的なダイヤパターンを紹介する前に、ダイヤパターンの基本概念について紹介しましょう。

多くの路線では鉄道ダイヤを作成する際に、基本的なパターンを形成しています。例えば、20分間隔で快速1本、各駅停車が2本が運転されている場合は、20分サイクルのパターンダイヤと呼びます。サイクルとは、列車の運転順序が1回りする時間を示します。例で示した路線の場合は、20分サイクルと呼びます。本記事ではこのような路線の場合、「20分サイクルで快速が1本、各駅停車が2本」というように呼ぶことにします。

多くの路線では、1サイクルを60の約数(何サイクルかすれば60分になる)としています。そうすると、毎時の発車時間が一定になります。

多くの路線では1サイクルに何本かの速達列車と各駅停車を混ぜています。(快速が各駅に停車する場合も含めて)各駅停車は平均10分に1本以上運転するようにしている路線が多いです。これは、どの駅でも10分程度待てば次の電車がやってくることを実現させるためです。

また、1サイクルの間に細かな繰り返しがあるパターンがあります。例えば、20分サイクルで快速2本、各駅停車2本が運転されていて、都心側は快速、各駅停車双方が10分間隔で運転されていて、郊外側で枝分かれするパターンです。この場合は厳密には20分サイクルですが、都心側のダイヤを論じる場合は10分サイクルと考えても差し支えはありません。このような、1サイクルの中で小さな繰り返しがある場合は疑似サイクルと呼ぶことにします。今回の例では、「疑似10分サイクルの中で快速1本、各駅停車1本が運転されている」と呼ぶという具合です。

ダイヤの実態は路線によって異なりますので、疑似サイクルの表記の方法については、適宜対応することにします。

都心側の発着駅について

東急東横線は都心側では地下鉄副都心線と直通運転しており、副都心線から先は東武東上線や西武線にも直通しています。本来であれば、副都心線側の行き先も考えるべきでしょうが、東横線からの利用者の多くは池袋までの利用でしょう。そのため、本記事では池袋以北の発着駅については考慮しないことにします(和光市、石神井公園、小手指などの違いは問わないということです)。

東急東横線の停車駅

東急電鉄が公式に発表している路線図を示します。赤い路線が東急東横線です。

東急線路線図

図1. 東急の路線図(公式サイトから引用)

S-trainは休日にわずかに運転されているだけですので、本記事では省略します。特急通勤特急急行各駅停車が有機的に結合し、芸術的なダイヤを形成しています。

各種別の有機的な結合については、以下の章で記すことにします。

詳細な時刻について

本記事では東京時刻表をベースに解析しています。細かな時刻について掘り下げたい人は東京時刻表をご購入のうえ、ご覧ください。

東急東横線の朝ラッシュ時上りのダイヤ

15分サイクルのパターンダイヤです。1サイクルに通勤特急1本、急行1本と各駅停車4本が運転されています。1時間に24本の運転です。

いいかたを変えると、15分間隔の通勤特急の間に、各駅停車4本と急行1本が運転されています。通勤特急急行は渋谷から先の副都心線内は通勤急行として運転します。

通勤特急急行いずれも横浜から渋谷まで先着し、菊名、元住吉、自由が丘で先行の各駅停車を追い抜きます(ただし急行は元住吉では各駅停車を抜きません)。祐天寺に待避設備はありますが、ラッシュピーク時には使われません。自由が丘から渋谷まで各駅停車が先着しないと、利用に差が生じすぎるためです。いずれも元町・中華街始発で副都心線内は池袋の先まで直通します。

4本ある各駅停車のうち、3本は元町・中華街始発です。残りの1本は菊名始発です。おおむね菊名始発は池袋行き、元町・中華街始発のうち2本は池袋以遠直通、1本は渋谷行きです。ラッシュ時は新宿三丁目行きはありません。

所要時間は通勤特急の横浜→渋谷で38分(急行でも同等の所要時間)、横浜→新宿三丁目で46分前後(急行でも同等の所要時間)となっています。

うちに新横浜直通が始まります。速達列車2本+各駅停車4本とはバランスが悪いです。そうであれば、菊名始発の各駅停車急行に振り替え、その列車を新横浜直通とすれば良いでしょう。各駅停車から急行に振り替えることで、8両編成を10両編成に増強できるメリットもあります。通勤特急としても良いでしょうが、所要時間に差がなければその分停車駅を増やしたほうが、各駅停車からシフトするショックは小さく済みます。

みなとみらい車(中目黒)

写真2. ラッシュ時の様子(中目黒)

東急東横線の昼間(日中時間帯)のダイヤパターン

厳密には30分サイクルのパターンダイヤです。1サイクルに特急2本、急行2本、各駅停車5本が運転されています。特急急行はそれぞれ15分間隔で運転され、渋谷-横浜(そして元町・中華街)まで先着します。特急は地下鉄副都心線内は急行として運転し、池袋・新宿三丁目・渋谷-横浜方面の速達列車として君臨しています。

30分に5本運転されている各駅停車のうち、1本は池袋-菊名の運転です。そのほかの4本の内訳は渋谷-元町・中華街が2本、副都心線-元町・中華街が2本で、いずれも15分間隔で運転されています。別の言いかたをすると、15分間隔で渋谷-元町・中華街が1本、副都心線-元町・中華街が1本運転され、さらに30分間隔で池袋-菊名が加わるということです。

基本的に各駅停車は自由が丘と菊名で急行特急に抜かされます。ただし、池袋-菊名の各駅停車は自由が丘では追い越されずに、元住吉で特急の通過待ちをします。つまり、池袋-菊名の各駅停車は渋谷(どころか池袋)から武蔵小杉まで先着するのです。

各駅停車の渋谷での待ち合わせはありません。特急のすぐ直後に渋谷を発車する(特急の直前に渋谷に到着する)各駅停車は渋谷発着なので、ここで待ち合わせる必要はないのです。各駅停車渋谷行きは下りホームに着くので、特急(渋谷から急行)に乗りかえる人は中目黒で乗りかえたほうがラクです。乗りかえの便利さを追求するのであれば、当該の各駅停車を新宿三丁目まで延長するのがスジですが、副都心線の増発をためらった結果です。

特急の所要時間は渋谷-横浜で27分(急行は31分)、新宿三丁目-横浜で34分(急行は40分)です。池袋から横浜までの先着列車は特急しかありません。とはいえ、池袋から武蔵小杉までの先着列車は30分に2本存在します。

うちに新横浜直通が始まります。池袋-菊名の各駅停車は利用客が少ないという調査結果もあります。そうであれば、この各駅停車急行特急に振り替えて、行先を菊名から新横浜にシフトさせれば良いでしょう。新横浜から相鉄線に直通させることも手ですが、相鉄線からはJR線直通で渋谷や新宿に向かうことができます。そうであれば、あえて相鉄直通にする必要はありません。

東急東横線の夕方のダイヤパターン

15分サイクルのパターンダイヤです。1サイクルに通勤特急急行が各1本、各駅停車が3本運転されています。

別のいいかたをすると、15分間隔で運転される通勤特急の間に急行が1本運転され、各駅停車が3本運転されます。

通勤特急は副都心線内は通勤急行として運転されます。そのほかは副都心線内は各駅停車です。朝の東横線内急行→副都心線内通勤急行となっていますが、夕方はそうではないということです。

通勤特急急行は池袋以遠→元町・中華街の運転です。3本の各駅停車のうち1本は渋谷→菊名の運転、1本は新宿三丁目(か池袋以遠)→元町・中華街の運転、そして池袋以遠→元町・中華街が1本となっています。基本的に各駅停車は自由が丘と菊名で速達列車に抜かされますが、菊名行きはこれらの駅での待ち合わせはありません。かわりに元住吉で通勤特急に抜かされます。

渋谷の発車順序は通勤特急各駅停車急行各駅停車各駅停車通勤特急、です。通勤特急の2本前の各駅停車が元住吉で抜かされる各駅停車です。

通勤特急の所要時間は渋谷→横浜が30分(急行だと34分)、新宿三丁目→横浜が36分(急行だと42分)となっています。

そのうちに、新横浜直通が始まります。その際は、15分間隔で運転されている各駅停車菊名行きを通勤特急(か急行)新横浜行きに振り替えると良いでしょう。各駅停車のみ停車駅の減便によるショックを小さくするのであれば、急行への振り替えが得策ですし、速達性向上が目的であれば通勤特急への振り替えが得策です。速達列車に振り替えることで8両編成から10両編成に増強できますので、新横浜や相鉄線直結による乗客数増加にも対応できます。

混雑ポイント120ポイント相当

写真3. 夕方の様子

東急東横線のダイヤパターンまとめ

昔の東急東横線は各駅停車が主体の路線でした。その転機が訪れたのは、2001年の特急設定です。このときに日中時間帯の各駅停車を毎時2本削減し、特急を毎時4本増発しました。その後、副都心線との全面的な直通運転開始で、23区の北西部や埼玉県から横浜までの首都圏の南北軸としての役割も与えられました。そのような流れで速達列車と各駅停車が有機的に結合するダイヤに変貌しました。

今後は新横浜直通も控えています。首都圏の南北軸の1つとして今後も重要な役割を担うことでしょう。

詳細な時刻について

本記事では東京時刻表をベースに解析しています。細かな時刻について掘り下げたい人は東京時刻表をご購入のうえ、ご覧ください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 南町田 より:

    昼間のダイヤですが、副都心線内の東新宿で、各駅停車(東横線内急行)が、急行(東横線内特急)に抜かされること(池袋-横浜の有効列車が15分毎にしかないこと)にも触れたほうがいいと思います。

    • tc1151234 より:

      南町田さま、コメントありがとうございます。ご指摘の件ですが、池袋視点から加筆いたしました。このたびは貴重なご指摘ありがとうございました。