西武新宿線(ダイヤパターン紹介)

西武新宿から東京の西部を通り、川越地区まで向かう西武新宿線。川越地区へ達した最初の路線ですが、川越への足としてはマイナーな感は免れません。それでも、沿線にとっては重要な足です。そんな西武新宿線のダイヤを紹介します。

本川越駅への道

写真1. 本川越は東武鉄道の川越市から徒歩圏内

復習:ダイヤパターンとは

具体的なダイヤパターンを紹介する前に、ダイヤパターンの基本概念について紹介しましょう。

多くの路線では鉄道ダイヤを作成する際に、基本的なパターンを形成しています。例えば、20分間隔で快速1本、各駅停車が2本が運転されている場合は、20分サイクルのパターンダイヤと呼びます。サイクルとは、列車の運転順序が1回りする時間を示します。例で示した路線の場合は、20分サイクルと呼びます。本記事ではこのような路線の場合、「20分サイクルで快速が1本、各駅停車が2本」というように呼ぶことにします。

多くの路線では、1サイクルを60の約数(何サイクルかすれば60分になる)としています。そうすると、毎時の発車時間が一定になります。

多くの路線では1サイクルに何本かの速達列車と各駅停車を混ぜています。(快速が各駅に停車する場合も含めて)各駅停車は平均10分に1本以上運転するようにしている路線が多いです。これは、どの駅でも10分程度待てば次の電車がやってくることを実現させるためです。

また、1サイクルの間に細かな繰り返しがあるパターンがあります。例えば、20分サイクルで快速2本、各駅停車2本が運転されていて、都心側は快速、各駅停車双方が10分間隔で運転されていて、郊外側で枝分かれするパターンです。この場合は厳密には20分サイクルですが、都心側のダイヤを論じる場合は10分サイクルと考えても差し支えはありません。このような、1サイクルの中で小さな繰り返しがある場合は疑似サイクルと呼ぶことにします。今回の例では、「疑似10分サイクルの中で快速1本、各駅停車1本が運転されている」と呼ぶという具合です。

ダイヤの実態は路線によって異なりますので、疑似サイクルの表記の方法については、適宜対応することにします。

詳細な時刻について

本記事では東京時刻表をベースに解析しています。細かな時刻について掘り下げたい人は東京時刻表をご購入のうえ、ご覧ください。

西武新宿線の停車駅

西武鉄道が公式サイトに表示している路線図を示します(図1)。

西武新宿線停車駅

図1. 西武新宿線の停車駅(公式サイト公式サイトの路線図より引用)

特急拝島ライナー快速急行通勤急行急行準急各駅停車がありますが、身構える必要はありません。全部覚えるのではなく、以下のようにグループ分けすると理解しやすいです。

急行準急は基本的に停車駅は同じで、準急は急行停車駅に上石神井-田無の各駅を足したもの

通勤急行は西武新宿寄りでは急行の停車駅と同等だが、田無以遠でも停車駅を絞ったもの

快速急行特急の停車駅に、田無と新所沢からの各駅を追加したもの

・拝島線は種別によらず、各駅に停車

このようにすれば、特急急行の停車駅さえ覚えれば何とかなります。また、快速急行通勤急行の上下関係は難しいですが、両者が同じ時間帯に走ることはありませんので、そこまで身構える必要もありません。

これらの種別は有機的に結合されています。その結合については、以下の章でご覧いただきましょう。

西武新宿線の朝ラッシュ時上りのダイヤパターン

これというパターンはありません。西武新宿着7:41~8:40の60分間に25本運転されています。内訳は通勤急行が2本、急行が8本、準急が5本、各駅停車が10本運転されています。

西武新宿よりでは各駅停車と速達列車が1:1~1:2の割合で運転されています。速達列車だけで見ると、準急が連続することはありません。つまり、準急各駅停車準急という順序ではないということです。

ここで注目したいのが通勤急行の運転です。通勤急行の直後に急行が運転されています。この急行が本川越始発だと速達列車どうしの待ち合わせが発生してしまい、実質的な本数が減少してしまいます。そこで、後続の急行は拝島始発として、追い抜きが発生しないようにしています。

本川越始発の急行通勤急行を合わせてだいたい10分間隔ですが、本川越6:37~7:05と28分開くこともあります。これは一部の急行が拝島始発のためです。拝島からの急行も10~20分間隔で運転されています。だいたい、小平で別系統の急行に乗りかえられるので、速達列車乗車チャンスは10分以内です。

ただし、本川越6:50発の準急は西武新宿まで先着します。急行でないために所要時間は3分余計にかかります。これはどうにかして急行にしたほうが良いでしょう。

このように、小平で枝分かれしていることでダイヤ作成が難しくなっています。多様なニーズに応えつつ、便利なダイヤにすることは難しいことがよくわかります。

主な駅からの西武新宿までの所要時間は以下の通りです。特記なき場合は通勤急行での所要時間です。

・田無:28分(26分で結ぶ急行あり)
・所沢:41分
・狭山市:51分
・本川越:58分

・玉川上水:44分(急行利用)
・拝島:53分(急行利用)

西武新宿線の日中時間帯(昼間)のダイヤパターン

西武新宿線車内

写真2. 西武新宿線の車内(これは夕方の上りですが…)

朝ラッシュ時よりも単純でわかりやすいダイヤパターンを採用しています。厳密には60分サイクルですが、都心よりは10分サイクル、田無以遠は20分サイクルで表現できるダイヤです。60分サイクルで以下の種別が運転されています。

特急:西武新宿-本川越に1本
急行:西武新宿-本川越3本、西武新宿-拝島3本
 ※西武新宿-小平は合わせて10分間隔
各駅停車:西武新宿-本川越3本、西武新宿-田無3本
 ※西武新宿-田無は合わせて10分間隔(特急の間隔でずれることあり)

西武新宿断面では(特急)を除いて10分に急行1本、各駅停車1本と考えればわかりやすいです。各駅停車の半数は田無で折り返しますが、もう半数は本川越まで向かいます。急行は半数は拝島に向かい、もう半数は本川越に向かいます。分岐点の小平で、以下の接続が行われています。

・西武新宿-本川越の急行と小平-玉川上水(60分に1本は拝島まで延長運転)の各駅停車

・西武新宿-拝島の急行と西武新宿-本川越の各駅停車

このような相互接続を駆使することで、西武新宿-本川越、西武新宿-玉川上水で急行が10分間隔で運転されることと同じ効果が生じています。

下り各駅停車は鷺ノ宮で急行を待ち合わせた後は小平まで先着します。上りの各駅停車は上石神井で急行を待ち合わせた後に西武新宿まで先着します。特急が入る場合は、下りは鷺ノ宮で待避、上りは井荻で待避しています。

このほかに、特急は、東村山で各駅に停車する種別を接続のうえ、追い越します。下りは急行、上りは各駅停車です。東村山から本川越では新所沢で追い抜きが可能ですが、日中時間帯には新所沢での追い抜きはありません。

西武新宿からの急行の所要時間は以下の通りです。

・田無:21分
・所沢:38分(特急で29分)
・狭山市:52分(特急で37分)
・本川越:61分(特急で45分)

・玉川上水:39分
・拝島:48分

快速急行は土休日の下りに2本設定される種別です。川越に出かける行楽客を見込んだ設定です。西武新宿から本川越まで49分か51分で結び、東武東上線に対抗しようという意図が伝わります。

西武新宿線の夕方ラッシュ時下りのダイヤパターン

60分サイクルのパターンダイヤです。1サイクル中に以下の種別が運転されています。なお、ほぼ30分サイクルのパターンダイヤですので、疑似30分サイクルという表現も可能です。

特急:西武新宿-本川越に2本(30分間隔)
拝島ライナー:西武新宿-拝島1本
急行:西武新宿-本川越5本、西武新宿-拝島1本
準急:西武新宿-新所沢2本、西武新宿-拝島2本
各駅停車:西武新宿-拝島1本、西武新宿-本川越1本、西武新宿-新所沢1本、西武新宿-田無3本、西武新宿-上石神井2本

このように書くと難しく見えます。しかし、各駅停車と料金不要速達列車という枠で解釈すると、そこまで難しくありません。基本的に、各駅停車が15分に2本発車、速達列車が15分に2本発車というのが基本的なパターンです。それだけでは速達列車の輸送力が不足しますので、30分に1回だけ速達列車を2本連続で発車させるようにしています。実際は、料金不要速達列車が2本連続する間に特急が発車するので、速達列車は3本連続で発車しています。

具体的な発車時刻をご覧いただいたほうが理解が深まるでしょうから、西武新宿の発車時刻を示します(表1)。

表1. 西武新宿駅の発車時刻表(18時台)

西武新宿線夕方ダイヤパターン(下り)

この時刻表を眺めると、基本的に30分サイクルのパターンダイヤにしようという努力を感じます。そして、急行本川越行きを15分間隔にしようという努力も感じます。それだけに、18:39発の急行が拝島行きな点が残念です。これであれば、18:39発と18:44発(実際は18:47発で良いでしょう)の種別を準急急行で入れ替え、さらに18:22発と18:52発を急行拝島行きに変更とすればだいぶわかりやすくなります。

準急各駅停車の行先そのものには大きな意味はないでしょう。重要な点は小平での急行との関係です。別方向に向かう各駅停車(なり準急)を運転していて、どの方向に向かう急行であっても、本川越方面・拝島方面へのチャンネルを確保しています。

興味深いのは、拝島ライナーとその直前の準急が小平で相互接続している点です。これによって、準急から拝島線の各駅への乗車チャンスを確保(小平からはライナー券なしで乗れます)していますし、拝島ライナーから新所沢までのチャンネルも開いています。

このように工夫されているダイヤです。きめ細かな対応を重視しているのでしょうが、もう少し単純さを狙っても良さそうです。上記の手直すをするだけでも相当わかりやすくなります。願わくば、上記手直しのうえで毎時45分発の通勤急行を設定すると、遠距離への速達性も向上します。

西武新宿からの急行の所要時間は以下の通りです。

・田無:24分
・所沢:38分(特急で33分)
・狭山市:51分(特急で41分)
・本川越:61分(特急で50分)

・玉川上水:45分(拝島ライナーで40分)
・拝島:54分(拝島ライナーで49分)

西武新宿線のダイヤパターンまとめ

地下鉄との直通はないものの、多くの種別が運転されて拝島方面と本川越方面に枝分かれします。また、通勤輸送、川越への観光輸送の両立という難しいテーマも抱えています。そんな中で小平での接続を確保することで、少しでも便利なダイヤにする努力も垣間見えました。

日中時間帯はわかりやすいダイヤになりましたが、夕方ラッシュ時はややわかりにくいダイヤとなっています。今後は若干の手直しでより利用しやすいダイヤに脱皮してもらいたいものです。

詳細な時刻について

本記事では東京時刻表をベースに解析しています。細かな時刻について掘り下げたい人は東京時刻表をご購入のうえ、ご覧ください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする