京王井の頭線(ダイヤパターン紹介)

渋谷と吉祥寺を結び、1日中利用の多いイメージのある京王井の頭線。そして、京王線や小田急線から渋谷へのチャンネルとしても機能しています。そのような井の頭線はどのようなダイヤなのでしょうか。ダイヤパターンを紹介します。

京王1000系

写真1. 井の頭線はさまざまなカラーバリエーションがある

復習:ダイヤパターンとは

具体的なダイヤパターンを紹介する前に、ダイヤパターンの基本概念について紹介しましょう。

多くの路線では鉄道ダイヤを作成する際に、基本的なパターンを形成しています。例えば、20分間隔で快速1本、各駅停車が2本が運転されている場合は、20分サイクルのパターンダイヤと呼びます。サイクルとは、列車の運転順序が1回りする時間を示します。例で示した路線の場合は、20分サイクルと呼びます。本記事ではこのような路線の場合、「20分サイクルで快速が1本、各駅停車が2本」というように呼ぶことにします。

多くの路線では、1サイクルを60の約数(何サイクルかすれば60分になる)としています。そうすると、毎時の発車時間が一定になります。

多くの路線では1サイクルに何本かの速達列車と各駅停車を混ぜています。(快速が各駅に停車する場合も含めて)各駅停車は平均10分に1本以上運転するようにしている路線が多いです。これは、どの駅でも10分程度待てば次の電車がやってくることを実現させるためです。

また、1サイクルの間に細かな繰り返しがあるパターンがあります。例えば、20分サイクルで快速2本、各駅停車2本が運転されていて、都心側は快速、各駅停車双方が10分間隔で運転されていて、郊外側で枝分かれするパターンです。この場合は厳密には20分サイクルですが、都心側のダイヤを論じる場合は10分サイクルと考えても差し支えはありません。このような、1サイクルの中で小さな繰り返しがある場合は疑似サイクルと呼ぶことにします。今回の例では、「疑似10分サイクルの中で快速1本、各駅停車1本が運転されている」と呼ぶという具合です。

ダイヤの実態は路線によって異なりますので、疑似サイクルの表記の方法については、適宜対応することにします。

井の頭線の停車駅

京王電鉄が公式に公表している路線図を示します(図1)。

京王路線図

図1. 京王電鉄の路線図(公式ホームページの路線図公式ホームページの路線図より)

井の頭線は急行各駅停車が運転されています。距離が短く枝分かれもないので、ダイヤは単純です。

詳細な時刻について

本記事では東京時刻表をベースに解析しています。細かな時刻について掘り下げたい人は東京時刻表をご購入のうえ、ご覧ください。

井の頭線の朝ラッシュ時上りのダイヤパターン

渋谷断面で7:31~9:10まで各駅停車だけの運転で、急行の運転はありません。永福町以外で追い抜きができませんので、下手に速達列車を運転しても大したスピードアップができないためです。

渋谷着7:51~8:50の60分間に28本が運転されています。平均2分10分間隔です。たいてい富士見ヶ丘始発と吉祥寺始発が半々ですが、富士見ヶ丘発7:48、7:56、8:05と始発の間隔が開き、そのぶん吉祥寺始発が連続している時間帯があります。おそらくこの時間帯(渋谷着8:13~8:26)が最ピーク時間帯であり、少しでも混雑を均等にしたいという意図があると推定いたします。

渋谷までの所要時間は、明大前12分、久我山25分、吉祥寺30分です。日中時間帯が急行で16分なことと比べると、所要時間の伸びは大きいです。

下りも各駅停車のみの運転で、運転間隔は同等です。ただし、渋谷から吉祥寺までの所要時間は27分と、上り(30分)よりも短いです。下りは比較的空いていて、停車時間が少なめで済むためでしょう。

井の頭線の日中時間帯のダイヤ

写真2. 永福町で緩急結合が実施される(急行の車内から撮影)

日中時間帯のダイヤは非常に単純です。渋谷-吉祥寺運転の急行と渋谷-吉祥寺運転の各駅停車がともに8分間隔で発車します。平均4分間隔です。下北沢で連絡する小田急線、明大前で連絡する京王線ともに20分サイクルのダイヤですから、接続関係は40分サイクルです。

渋谷を急行が発車してから2分後に各駅停車が発車します。この各駅停車は永福町まで逃げ切り、永福町で急行に接続して発車します。その後、吉祥寺まで各駅停車は逃げ切ります。急行の視点で見ると、永福町で各駅停車に連絡することになります。

下りで説明しましたが、上りも同様のパターンです。

渋谷-吉祥寺の所要時間は急行で16分が基本ですが、休日の上り渋谷行きは17分、休日の午後の下りは18分と若干の違いがあります。休日のほうが利用が多くて停車時間がかかるからなのでしょうか。

急行のほうが混むのであれば、10分サイクルに変更して、急行を続行運転、各駅停車は10分間隔というのも一案でしょう。2本連続する急行が10両編成の1本の急行というイメージです。場合によっては、それぞれの急行を下北沢通過、明大前通過(明大前通過の急行と下北沢通過の急行を交互に運転するということ)とすれば、さらに乗客は分散することでしょう。

ただし、このようなダイヤは複雑ですので、あえて変更することもありません。

夕方ラッシュ時のダイヤ

日中時間帯と同様のパターンです。日中時間帯との違いは、6分サイクルであることです。つまり、6分間隔で急行各駅停車が運転されるということです。各駅停車は永福町で急行を待ちます。

急行の渋谷からの所要時間は明大前9分、久我山17分、吉祥寺21分です。

渋谷発20:00以降は7.5分サイクルに変わり、15分に2本の急行と各駅停車が運転されます。急行の所要時間は吉祥寺まで17分と夕方ラッシュ時ピークよりも4分短くなります。それだけ夕方の急行が各駅停車に追いついてゆっくり走っているということです。

上りも同様のパターンですが、下りほどきれいなパターンになっていません。下りに基準を合わせるので、どうしても上りにしわ寄せがいってしまいます。

井の頭線のダイヤパターンまとめ

距離も短いこともあり、単純なダイヤが採用されている井の頭線。単純なダイヤということはそれだけ何も考えずに利用できるというメリットがあります。単純なダイヤパターンでありながら、独自の「井の頭線」ブランドを確立させていくのでしょう。

詳細な時刻について

本記事では東京時刻表をベースに解析しています。細かな時刻について掘り下げたい人は東京時刻表をご購入のうえ、ご覧ください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする