東急多摩川線(ダイヤパターン紹介)

以前は目蒲線として目黒まで直通していましたが、現在は地域内のローカル線に役割を変えた東急多摩川線。そんな東急多摩川線のダイヤパターンを紹介しましょう。

池上線1000系(旗の台)

写真1. 東急多摩川線の車両(これは池上線で撮影、秘密だよ!)

復習:ダイヤパターンとは

具体的なダイヤパターンを紹介する前に、ダイヤパターンの基本概念について紹介しましょう。

多くの路線では鉄道ダイヤを作成する際に、基本的なパターンを形成しています。例えば、20分間隔で快速1本、各駅停車が2本が運転されている場合は、20分サイクルのパターンダイヤと呼びます。サイクルとは、列車の運転順序が1回りする時間を示します。例で示した路線の場合は、20分サイクルと呼びます。本記事ではこのような路線の場合、「20分サイクルで快速が1本、各駅停車が2本」というように呼ぶことにします。

多くの路線では、1サイクルを60の約数(何サイクルかすれば60分になる)としています。そうすると、毎時の発車時間が一定になります。

多くの路線では1サイクルに何本かの速達列車と各駅停車を混ぜています。(快速が各駅に停車する場合も含めて)各駅停車は平均10分に1本以上運転するようにしている路線が多いです。これは、どの駅でも10分程度待てば次の電車がやってくることを実現させるためです。

また、1サイクルの間に細かな繰り返しがあるパターンがあります。例えば、20分サイクルで快速2本、各駅停車2本が運転されていて、都心側は快速、各駅停車双方が10分間隔で運転されていて、郊外側で枝分かれするパターンです。この場合は厳密には20分サイクルですが、都心側のダイヤを論じる場合は10分サイクルと考えても差し支えはありません。このような、1サイクルの中で小さな繰り返しがある場合は疑似サイクルと呼ぶことにします。今回の例では、「疑似10分サイクルの中で快速1本、各駅停車1本が運転されている」と呼ぶという具合です。

ダイヤの実態は路線によって異なりますので、疑似サイクルの表記の方法については、適宜対応することにします。

東急多摩川線の停車駅

東急電鉄が公式に発表している路線図を示します。紫色の路線が東急多摩川線です。

東急線路線図

図1. 東急の路線図(公式サイトから引用)

東急多摩川線では各駅停車だけの運転です。その各駅停車のダイヤパターンについては次以降の章をご覧いただくことにしましょう。

以下、種別は特に記さないことにします。

詳細な時刻について

本記事では東京時刻表をベースに解析しています。細かな時刻について掘り下げたい人は東京時刻表をご購入のうえ、ご覧ください。

交通新聞社

東急多摩川線の朝ラッシュ時のダイヤ

難しいことはありません。基本的には3分間隔の運転です。ただし、一部4分間隔になるところもあります(多摩川発7:47-7:51、蒲田発7:55-7:59など)。また、多摩川発の段階で2分間隔のところもあります。このことから、3分間隔を基本としつつ、若干変則的な部分があると理解するのが良いのでしょう。

多摩川から蒲田までの所要時間は11分です。日中とそう変わりません。

東急多摩川線の日中時間帯(昼間)のダイヤ

多摩川-蒲田の通し運転が6分間隔という非常に単純で覚えやすいダイヤです。多摩川から蒲田までの所要時間は11分です。

池上線と同じ6分間隔です。ということは、池上線との接続関係は一定です。池上線との接続関係を見てみましょう。平日時刻で解析します。

(池上線)蒲田着12:59/(多摩川線)蒲田発13:00
(多摩川線)蒲田着12:55着/(池上線)蒲田発12:59

つまり、池上線から多摩川線の乗りかえは1分、多摩川線から池上線への乗りかえは4分です。これは池上線の運転時刻を全般的に1分~2分繰り下げると接続時間は2~3分とムラがなくなります。また、多摩川線のホームを日中時間帯は2番線に統一して、1番線の池上線と同じホームでの乗りかえを実現するのが良いでしょう。場合によっては、直通化も手です。心配しなくとも、蒲田で乗りかえる人は少ないでしょうが(図2)、少しでも便利にすることは正義です。

図2. 池上線と多摩川線の位置関係(googleマップより引用、両者が並行していて乗りかえ需要は少なさそうと読み取れます)

東急多摩川線の夕方ラッシュ時間帯のダイヤ

きれいな5分間隔で運転されています。朝ラッシュ時や日中時間帯と同じく、多摩川-蒲田の通し運転です。「兄弟」といえる池上線は4分間隔ですので、運転間隔は一致しません。池上線よりも需要が少ないことが読み取れます。

所要時間は多摩川行きが12分、蒲田行きが11分です。朝ラッシュ時よりも所要時間がかかることはないでしょうから、秒単位の切り上げや切り捨てが関係しているだけでしょう。1日中同等の所要時間で走っていることがわかります。日中のように池上線との接続関係が一定になることはありません。蒲田で需要の多くが分断される以上、蒲田での接続関係を第一義で考えることもありません。あくまでも「線内事情ファースト」です。

東急多摩川線のダイヤパターンまとめ

朝は3分間隔、日中は6分間隔、夕方(といっても20:00ごろまで)は5分間隔と短編成・高頻度運転が行われています。このように地域の足として活躍しています。都内のローカル線としてあまり有名ではありません。ただし、ヨーロッパのLRTの1つのモデルとされたことも事実です。短い駅間でありながら、専用の線路を有します。また、多摩川では地下駅にするなどの近代化も怠っていません。

遠い将来はエイトライナー(環状8号線沿いの地下鉄路線、赤羽-田園調布)が計画されています。ネットワーク性を確保するには、地下鉄エイトライナーと直通するのが良いでしょう。蒲田-荻窪の行き来にJRではなく、この路線を活用するという考えです。逆に言うと、それまでは各駅停車だけとはいえ、今後も高頻度運転を行い、地域の地味だけど重要なインフラとして機能するのでしょう。

バーデン線:オパー

写真2. ヨーロッパの私鉄の例(ウィーンのバーデン線)

詳細な時刻について

本記事では東京時刻表をベースに解析しています。細かな時刻について掘り下げたい人は東京時刻表をご購入のうえ、ご覧ください。

交通新聞社
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする