サンライズ瀬戸への乗車(高松から東京まで)

サンライズ瀬戸号とのご対面

サンライズの発車表示

写真1. 21:26発のサンライズ瀬戸号



時刻表をめくると、高松での入線時刻は21:11と書いていますが、そのような情報は当てになりません。時刻表をよく見てみましょう。多くの列車の入線時刻が発車時刻の15分前となっています。数多くの列車が偶然15分前に入線するというのも変な話です。そう、JR四国は発車16分以上前に入線する場合でも、15分前に入線するように表示しているのです。ここでも発車時刻は21:26(写真1)で、時刻表にある入線時刻は21:11です。

サンライズが高松に入線

写真2. 20:55に入線(ブレブレなことから動いていることがわかると思います)

yahoo!知恵袋にも21:11に入線という情報が記されていましたが、その情報は端から疑っていました。事実、20:55に入線しました(写真2)。入線時刻は記録してませんが、ブログ執筆時に写真の撮影時間から推定いたしました。

サンライズ瀬戸(17年5月に高松で撮影)

写真3. サンライズ瀬戸号の前面

さて、前面を撮影します(写真3)。客席からの前面展望は不可能ですが、主に夜に走行するという性格上特に問題ないでしょう。

美しいシングルの室内

写真4. 美しいシングルの車内

ミニロビー

写真5. ミニサロン

シャワーカード

写真6. シャワー券の自動販売機

本当は別の部屋を希望しましたが、シングルしか空いていなかったので、シングルで過ごすことにしました(写真4)。サンライズ号は洗面所もシャワーも完備しています。シャワー券は高松発車時点で売り切れていました。いつの間にかミニサロンでの発売になっていたのですね(私は偶然ミニサロンにいましたので、買えました、写真5-6)。


東京までの道中

列車は高松を発車します。坂出に停車し、瀬戸大橋を渡ります。ミニサロンにいて夜景を見ましたが、写真写りは悪かったので、ここでは掲載しません。そして、瀬戸大橋を渡った後に快適なシングルに戻ります。少しウトウトしていると、岡山停車の案内です。ここではサンライズ出雲と連結します。サンライズ瀬戸のほうが先の到着なので、連結場面を観察できます。

岡山での連結

写真7. サンライズ瀬戸号が幌をあけて待つ

岡山での連結

写真8. サンライズ出雲号がやってきた

岡山での連結

写真9. サンライズ出雲号も幌をあけた

岡山での連結

写真10. 連結完了!

連結作業は手間がかかります。何段階かの作業を経た後(写真7-10)、2本の列車は1本にまとまります。それにしても、ファンの数が多すぎですね。私もその一員なのでとやかく言えないんですけどね。

こうして、岡山から堂々たる14両編成となって東京に向かいます。岡山発車後にシャワー室付近で様子を観察しましたら、空く気配は全くありませんでしたので、1:00頃に浴びる前提で仮眠します。仮眠後にシャワー室に向かいましたら、目論見通り誰もいませんでしたので、ゆっくり入ることにしました。

シャワールーム

写真11. シャワー室の様子

シャワールームの注意書き

写真12. 忘れ物をしたら戻れない

シャワー室は最低限ながら清潔な空間です(写真11)。シャンプー(リンスインだったかな)、ボディソープも完備しています。特にこだわりがなければこれで充分でしょう。ただし、タオルは持参しなければなりません。また、シャワーカードを入れたあとに扉を開けると、シャワーカードは無効になってしまいます(写真12)。シャワーカードを入れる前に、タオルなどを部屋に忘れていないか確認しましょう。私はタオルを持参し、シャワーを浴びてすっきりしました。

首都圏の景色

写真13. 熱海を発車したあと

首都圏の景色

写真14. 相模灘を眺める

首都圏の景色

写真15. 有料道路と海の共演

起きたら熱海あたりでした(そんな時間にめざましをかけたんですけどね、写真13)。熱海を発車すると相模灘を見つつ走ります(写真14)。途中、有料道路も確認できました(写真15)。いつも混んでいる印象ですが、朝早いと空いていますね。

首都圏の景色

写真16. 酒匂川を渡る

相模川を渡る

写真17. 相模川を渡る(列車が良いアクセントでしょ?)

貨物線から旅客線に転線

写真18. 茅ヶ崎を過ぎて旅客線に入る

列車は小田原を通過し、酒匂川を渡ります(写真16)。また、平塚で相模川を渡ります(写真17)。通常の東海道線であれば進行方向右側の線路は1本のはずなのに、3本もあります。これはどういうことでしょう?そう、貨物線を走行しているのです!でも、このまま貨物線を行ったら横浜に停車できません(貨物線は横浜を通らないのです)。そこで、茅ヶ崎で旅客線に移ります(写真18)。そんな調子でわが首都東京に到着したのでした。厳密には家に帰るまで旅ですが、ここで旅行は終了したのです。

東京に到着したサンライズ号

写真19. 東京に到着