福山ニューキャッスルホテルのレビュー(福山駅前、アクセスや室内を紹介、21年GW)

福山駅前にあり、アクセスが良好なホテル、福山ニューキャッスルホテル。そんな福山ニューキャッスルホテルに実際に宿泊しましたので、その様子をまとめます。

写真1. 素敵な客室

福山ニューキャッスルホテルの感想まとめ

部屋の様子などは詳細なレビューは以下の章にまとめていますが、概要をまとめると以下の通りです。

・福山駅の南口(表口)から徒歩2分という立地は魅力である
 ※公式サイトでは徒歩1分とされていますが、実際は徒歩2分と感じました。

・部屋は清潔感があり、朝食もバイキング形式を選べ、地元料理を食べられるなどの工夫があった

福山ニューキャッスルホテルのアクセス

福山ニューキャッスルホテルへのアクセスを紹介します。

図1. 福山ニューキャッスルホテルの位置(googleマップより引用)

福山駅からとても近く、アクセスを紹介するまでもありませんが、簡単に紹介します。

写真2. 福山駅を南口に進む

福山駅の改札を通ったら、右手に進みます。右手に曲がると、南口への通路が見えます(写真2)。

写真3. 南口を出たら右手に曲がる

南口を出たら、右手に曲がります。すると、ホテルが目の前に見えます(写真3)。

写真4. ホテルの前から電車が見える

ホテルの近さがわかる1つの写真を紹介します。ホテルから電車が見えますが(写真4)、この電車に間に合いました!福山始発で長い時間停まっていたという事情もあるとは思いますが。

福山ニューキャッスルホテルの内装

アクセスがいくら良くとも、内装がいまいちでは、結局そのホテルはいまいちです。では、福山ニューキャッスルホテルの内装はどうでしょうか。

写真5. 部屋の様子

窓と平行にベッドがあり、その脇にテーブルとイスがあります(写真5)。

写真6. 窓側の様子

窓側の様子です(写真6)。小さなテーブルと椅子があり、多少の作業ならできそうです。

写真7. 飲み物セットがある

飲み物セットも備わっています(写真7)。

写真8. テレビ台もある

テレビ台もあります。そして、テレビ台は作業机も兼ねています(写真8)。

写真9. 空気清浄機もある

空気清浄機も備わっています(写真9)。

写真10. 出入口付近のハンガー

出入口付近にはハンガーもあります(写真10)。冬に上着を掛けたりするのに良いですね!

写真11. バス・トイレ部分

バスとトイレは一緒です(写真11)。自宅がバス・トイレは別にしたいものですが、1泊程度しかせず、プロフェッショナルが清掃するホテルという空間であれば、バスとトイレが同じ空間であることはそこまで気になりません。

写真12. 浴室の様子

浴室の様子です(写真12)。ゆったり浸かることができました。

写真13. テレビ台の電源

テレビ台に電源がありました(写真13)。パソコン作業する人にとっては作業台に電源があることはとても重要でしょう。私はパソコン作業こそしませんでしたが、カメラの充電に重宝しました。

写真14. ベッドの電源

ベッドにも電源があります(写真14)。携帯電話を充電しつつ、携帯電話のアラームで起きるという芸当も可能です。

全体として、清潔感のある室内という印象を抱きました。

写真15. ホテルの部屋からの風景

部屋からの風景もきれいなものでした(写真15)。南向きの部屋で、南が市街地なので、目の前には市街地が広がります。

写真16. 市街地を眺める

市街地を眺めます(写真16)。

写真17. 廊下の様子

廊下はカーペットが敷いてあります(写真17)。カーペット敷きだと、歩行音があまり響きません。そのためか、夜は廊下の歩行音を気にすることなく、ぐっすり眠れました。

なお、朝食はバイキング形式と和定食を選べます。私はバイキングを選択しましたが、郷土料理を食べられたり、おいしいコーンスープをいただくことができました。

周辺の紹介

さて、周辺はどうなっているのでしょうか。夕食のために外出しましたので、その様子をお伝えします。

写真18. 天満屋付近

駅の南西側(ホテルの南西側でもあります)にデパートの天満屋があります(写真18)。このあたりが福山市の中心地なのでしょう。

写真19. 天満屋付近の光景

この天満屋がある交差点の光景です(写真19)。

写真20. 個人商店が並ぶ

個人商店が並ぶエリアにやってきました(写真20)。このようなエリアにあるレストランは穴場的なところが多いという野生の勘を生かして、適当なレストランに入りました。おいしかったです。でも、地元の常連さんの中に入る感じがあって、ちょっと居心地は悪かったかな?

福山ニューキャッスルホテルに宿泊してみて

福山駅に近いという1点で選んだ福山ニューキャッスルホテル。内装はそう期待していませんでしたが、清潔感ある内装で、朝食もなかなかのものでした。また、中心街にも遠くなく、夕食のために外出してもすぐに帰ってこれる距離でした。

ホテルが良好なおかげで、福山市に対する印象も良くなりました。その街の印象を決める重要な要素に、宿泊施設がカウントされていることも実感したのです。

予約は以下のリンクから行うとスムーズに進みます。ご自身の登録しているサービスをクリックすると、ポイントも溜まります!

前後を読みたい!
さて、前後ではどこに行ったのでしょうか?

←(前)山陽本線(広島地区)の乗車記(広島→福山、車窓も収録、21年GW)

福山ニューキャッスルホテルのレビュー(21年GW)←今ココ!

尾道観光3選(福山からのアクセスも紹介、21年GW)(次)→

※それぞれ別ウィンドウで開きます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする