姫路城観光~2017年秋の姿

出張の中で「東京から来た」と言うと、世界遺産の姫路城を見たほうが良いとアドバイスを受けました。そこで、姫路城を見ることにしました。今は国際化の時代です。弊ブログもその時代に乗っかり、英語表記も取り入れます(キャー、すごーい!)。google翻訳のコピペということは秘密です。


姫路へのアクセス

加古川に入線する223系新快速

写真1. 大阪や神戸からのダイレクトアクセス新快速

私は神戸から神戸電鉄や加古川線を駆使してきましたが、普通は大阪や神戸からであれば、JRの新快速でアクセスが可能です。大阪では5番乗り場(平日の朝夕は3、4番乗り場)、三ノ宮であれば1番乗り場の新快速で到着します。大阪から姫路まで62分程度、三ノ宮から姫路まで40分程度の移動です。海が見やすい進行方法左側の座席がおすすめです。指定席料金や特急料金など、運賃以外の料金は不要です。ICOCAはもちろん、SuicaやPASUMOも使えます。もちろん、Japan Rail Passもね!
Normally, if you are from Osaka or Kobe, you can access with the new rapid of JR. In Osaka, we will arrive at No. 5 stop (3, 4 stops on weekdays and mornings), and at Sannomiya for the new rapid of 1st stop. It is about 62 minutes from Osaka to Himeji, about 40 minutes from Sannomiya to Himeji. Progress on how the sea is easy to see The seat on the left is recommended. Rates other than fare such as designated seat fee and express fee are unnecessary. Of course, you can use Suica and PASUMO as well as ICOCA. Of course, Japan Rail Pass too!

姫路駅から姫路城

姫路駅に着いたら、歩いていきましょう!道がわからない?そんな心配は不要です。駅の改札を出て右に曲がったら、そこは姫路城が待ち構えています。目の前の白い建物を目指せば良いのです。何個めの信号を左折して、そこから155m進んだら…なんてことはありません」。まっすぐ行くだけです。
When you arrive at Himeji station, let’s walk! You do not know the way? Such worries are unnecessary. After leaving the station ticket gate and turning to the right, Himeji castle is waiting there. You only have to aim at the white building in front of you. There is no such thing as turning left for the number of signals and moving 155 m from there. Just go straight.

姫路城が正面に見える

写真2. 駅から見える姫路城(まっすぐ行くだけですよ)

山陽電鉄で着いた場合?山陽電鉄に乗る時点で上級者ですから、私の出る幕はありませんよ(確か正面の出口から出てすぐ左折したら見えるはずです)。

姫路城の観光

姫路城に近づいた

写真3. 姫路城に近づいた!

駅から歩いたら(私のデジカメの履歴を見たら徒歩15分でした)、姫路城の敷地に入ります。ここから世界遺産にお目にかかれるのです(写真3)。After walking from the station (it was 15 minutes when I looked at the history of my digital camera), I will enter the site of Himeji Castle. From here you can see the world heritage (Picture 3).

姫路城全体の入口

写真4. いよいよ敷地へ

ここから天守閣までの道順は説明不要でしょう。人の流れができていますから、その人たちの後を付いていけばたどり着くのです。最初は門をくぐって、敷地に入ります(写真4)。
The direction from here to the castle tower will be unnecessary. People are flowing, so if you follow the people, you will arrive. At first, we go through the gate and enter the premises (Photo 4).

天守閣が見える

写真5. 天守閣が見える

トイレに寄ろう!

写真6. トイレに行っといれ

敷地に入ったら、天守閣が見えます(写真5)。この日は晴天で気持ちの良い散歩を楽しめました。デジカメの記録には2011年7月とありますが、どう見ても7月の服装ではありませんね(実際は2017年11月の訪問です)。私のデジカメもそろそろガタがきたのかもしれません。

あとは天守閣を目指して一直線!と言いたいところですが、途中でトイレに寄りましょう(写真6)。天守閣近くのトイレは混んでいるので、ここで済ませようという算段です。

Once you enter the premises you can see the castle tower (Photo 5). On this day I enjoyed a sunny and pleasant walk. Although there is a digital camera record in July 2011, it is not clothing in July anyway (Actually it is a visit in November 2017). Perhaps my digital camera was about to go back.

Also aim straight for the castle tower! Although I’d like to say, let’s stop by the toilet on the way (Photo 6). The toilet near the castle tower is crowded, so it is the calculation of trying to finish here.

姫路城の営業案内

写真7. ここからは料金制!

ここまで料金なしで立入できましたが、世の中そう甘くありません。ここからは料金が必要です(写真7)。天守閣見物には1000円かかります。団体料金だと800円だったと思います。私はこの場限りの団体を構成しようとも一瞬考えましたが、たかだか200円なので諦めました。

Although I could enter without charge so far, it is not so sweet the world. Fee is required from here (Picture 7). It costs 1,000 yen to see the castle towers. I think that it was 800 yen as a group fee. I thought for a moment trying to compose a group as long as this, but I gave up because it is 200 yen at most.

あとは順路通り行くだけです。もう解説は不要でしょう。写真を掲載いたしますので、雰囲気をお楽しみください。
After that we just go on the way. I will not need an explanation anymore. We will post photos so please enjoy the atmosphere.

写真8. 階段の地獄スタート!

写真9. また門だ!

写真10. 私は直進します

写真11. 次の関門が現れた!

写真12. なだらかな上り坂は続く

写真13. だいぶ天守閣が近づいてきたかな?

写真14. ここを登るのは大変そう

写真15. 関門がいっぱい!

いよいよ天守閣です。天守閣が城の中心的役割を担っていると思いきや、実は装飾性や権力の誇示という側面が強かったようです。確かに、あんな階段を日常的に活用していたとは思いにくいです。
In fact I thought that the castle tower played the central role of the castle, and in fact it seems that the aspect of decoration and display of power is strong. Certainly, it is hard to imagine that such stairs were used on a daily basis.

写真16. 天守閣の入口

天守閣の入口で靴を脱いで、袋に入れます(写真16)。袋を持ちながらの見学となりますので、紛失に注意しましょう。下駄箱に入れないシステムですから、靴の盗難や空きの下駄箱探しをしなくて済むのは良いですよね。
Take off the shoes at the entrance to the castle tower and put it in the bag (Picture 16). Let’s be aware of the loss as it will be a tour while holding the bag. Because it is a system that can not be put in a shoe box, it is good to avoid having to look for shoes or find a free shoe box.

写真17. 天守閣内部の様子

写真18. 天守閣内部の様子

天守閣はもともとそう多くの人が入れるように考えられていません。そのため、要所要所で渋滞します。その渋滞の最中に、内部を何枚か収録しました。多くの写真がぶれてしまいましたが、何となく様子がわかるものを掲載いたします(写真17-18)。現在は電灯が灯っていますが、建築当時はこのような電灯もなかったので、さぞかし暗かったことでしょう。姫路城は窓も大きくありませんしね。

The castle tower was not originally thought to contain so many people. Therefore, traffic jams will occur at required points. During the traffic jam, I recorded several inside. Many pictures have been blurred, but I will post something that understands somehow (Photos 17-18). Currently the lights are on, but at the time of construction there were no such lights, so it would have been dark indeed. Himeji castle does not have large windows either.

写真19. 階段上部から見た階段

姫路城の天守閣は「お飾り」の意味合いが強いのですが、お城は一応軍事施設です。現代の米軍基地のようなものです。そのためか、ちゃんと軍事施設の意味合いも見て取れました。階段の上部には階段を封鎖する板があります(写真19)。これによって、敵の襲来から身を守るのでしょう。
The castle tower of Himeji castle has a strong meaning of “decorations”, but the castle is a military facility for the time being. It is like a modern US military base. Because of that, I could see the meaning of the military facilities properly. At the top of the stairs there is a plate to seal the stairs (Picture 19). By this, you will protect yourself from the enemy’s attack.

写真20. 人、人、人

写真21. 階段待ちなので階段を眺める

写真22. 最上階は新宿駅状態!

天守閣の上のほうまでいくと、どんどん通路が狭くなります。そのため、さらに混雑します。その混雑をさばくため、案内人もいました。案内人の権限は絶対で皆が従って、順番待ちしています(写真20)。別の場所でも待たされたので、階段を撮影しました(写真21)。このような写真を撮影しているのは、周囲には私だけでした。みんな内容には興味ないようですね。もっと登り、最上階に達します。もう人だらけです。これでは中をよく見る気にはなりません。姫路市の景色を堪能することにしました。

As you go to the top of the castle tower, the passage will be narrower and narrower. Therefore, it gets crowded. There was a guiding person to judge the congestion. The authority of the guidance person is absolute, everyone follows and is waiting for the turn (Picture 20). I was kept waiting in another place, so I took a stairway (Photo 21). It was only me that I was shooting such photos. Interests no is not it. I climb further and reach the top floor. There are plenty more people. I do not feel like watching the inside well with this. I decided to enjoy the scenery of Himeji city.

写真23. 姫路市を眺める(駅方面だったと記憶しています)

写真24. 自然豊かな姫路市

写真25. ますます発展する姫路市

写真26. 低いところから眺めた姫路市

写真27. 昔の街並み(再現)

人々の間を縫って街並みを観察しました(写真23-26)。現代の都市という感じです。昔ながらの街並みは残っていません。日本を含めて東アジアは通気性の良い木造の建物を建てて、必要に応じて建て直すという文化のためなのでしょう。それでも自然が残っていることは感じます。なお、写真11は天守閣の最上階から撮影したものではありません。あらかじめご了承ください。昔の街並みも再現されていました(写真27)。

この後は気をつけて階段を下りながら、おおよそ34分で天守閣の観光を終えたのです。

I sewed among people and observed the cityscape (Photo 23-26). It is a feeling of a modern city. The old-fashioned townscape is not left. East Asia, including Japan, is for the culture of building wooden breathable buildings and rebuilding as necessary. Still, I feel that nature remains. Picture 11 is not taken from the top floor of the castle tower. Please note. The old cityscape was also reproduced (Photo 27).
After that, carefully, descending the stairs, I managed to finish the sightseeing of the castle tower. Approximately 34 minutes took time.

写真28. 天守閣だよ!

写真29. 迫力ある天守閣

天守閣の外観をきちんと撮影していませんでしたね。せっかくなので、天守閣の美しい姿をご覧いただきましょう(写真28-29)。

You did not take the exterior of the castle tower properly. Let’s take a look at the beautiful figure of the castle tower (Photo 28-29).

写真30. お菊井戸の中(深くて怖かったです)

写真31. お菊井戸の外観

写真32. お菊井戸の説明

天守閣を出てしばらく歩きますと、お菊井戸が現れます。私の説明よりも実際の写真を眺めたほうがよくわかると思います(写真30-32)。正直、ありがたみはありませんでした。

Walking for a while after going out of the castle tower, Kikuido will appear. I think that you better understand the actual photographs than I explained (Photo 30-32). To be honest, I was not thankful.

写真33. 門の跡というありがたい説明

写真34. ありがたい説明の後に通る

写真35. お堀の跡のよう

写真36. お堀の跡についてのきちんとした説明

門の跡やお堀もきちんと残っており、これらについてもきちんとした説明がなされていました(写真33-36)。私が解説するよりもきちんとした説明を読んでもらうことにしましょう。だって、お城詳しくないし…。

The traces of the gate and the moat were also properly left, and neat explanations were made about these (Photo 33 – 36). Let ‘s have a better explanation read than I explain. Because, castle is not detailed.

午前中に向かいましたが、どんどん混雑が激しくなっていました。混雑を避けて訪問するのは、早朝が良さそうです。ここまでは世界遺産ということで、グローバル時代に対応した英語の文章を入れました。ここから先は単なる鉄道旅行記に戻りますので、従来通り全て日本語の表記といたします。Sorry!
I headed for the morning, but the congestion became more and more intense. Early morning seems to be good for visiting while avoiding congestion. So far as it is a world heritage, we have included English sentences that corresponded to the global era. From here onward, we will return to a simple rail travel report so we will make all notations of Japanese as before.Sorry!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする