神戸電鉄に乗る(2017年秋)

神戸電鉄の主力5000系

写真1. 神戸電鉄の主力車両5000系


神戸電鉄の基礎知識

神戸電鉄は神戸の山のほうを走っている路線です。起点は湊川です(新開地ではありません!)。ただし、新開地-湊川は神戸高速鉄道の路線ですが、直通しており車両も全て神戸電鉄のものですから、実質的な起点は新開地といえましょう。その起点から粟生(あお)、三田(さんだ)、有馬温泉に向けて路線を伸ばしています。この他に、ウッディタウン中央までの路線もありますね。
今回は新開地から粟生までを選択しました(それ以外の区間はだいぶ以前に乗車経験があります)。

2) 新開地から粟生まで乗る

それでは、新開地から粟生まで乗車することにしましょう。

写真2. 新開地でののりば表記

新開地では神戸電鉄「連絡」と書いていました。正式には神戸電鉄ではないけど、神戸高速鉄道南北線の名前を付けることも微妙…そんな葛藤が見えます。今は神戸高速という名前を前に出さない方針のようですしね。停車していた5000系(写真1)に乗車し、出発しましょう。

電車は湊川を出ると地上に上がります。地上に上がったら、本格的な山岳路線です。その様子をご覧いただきましょう。

写真3. 運転席越しでも急勾配がわかる

写真4. 3000系とすれ違う

湊川からすぐでも手加減していません。運転席越しでもその急勾配がわかるくらいです(写真3)。そんな中、3000系とすれ違いました(写真4)。3000系は1978年から製造された車両です。写真をよく見ると3004と書いていますので、3000系の中でも古い側の車両に入ることがわかります。

写真5. 山にも住宅がぎっしり

写真6. ホームから落ちたら大変ですね

写真7. 谷にも住宅がぎっしり

丸山付近だったと記憶していますが、山の斜面にも谷にも住宅がぎっしり建っています(写真5,7)。その駅も斜面に建設した様子がわかります(写真6)。港町コウベという印象が強いと思いますが、神戸にはこのような場所もあるのです。

写真8. 鈴蘭台到着前に車両群に出会う
鈴蘭台は神戸電鉄の一大ジャンクションです。そのジャンクションを前に車両が留置されていました(写真8)。せっかくだったら6000系に出会いたかったのでしたが、見えたのは3000系でした。

鈴蘭台を出てからは乗客がそこそこ居たため、写真撮影はできませんでした(私でも周囲の眼を気にする程度の常識はあるのです)。土曜の下りでも座席は埋まらない程度には利用客がいるのですね。
粟生線はほとんどの区間が単線です。また、有馬線ほどではありませんが、急勾配も存在します。

写真9. 単線区間に存在する急勾配区間

単線区間に入っても、地形は容赦しません。神戸の中心部を離れたためか、住宅が減ったぶん迫力は落ちますが、急勾配区間が続きます(写真9)。

写真10. 準急新開地行きの6000系とすれ違う

ようやく待望の6000系に出くわすことができました(写真10)。しかし、正面の写真を撮影できませんでした。あくまでも側面だけです。

神戸電鉄の6000系(かな)

写真11. ようやく6000系の前面の撮影に成功!(志染だったかな)

そのように意気消沈した私の前に、6000系がやってきました(写真11)。ちょうど乗客も少なくなってきたので、撮影も可能になりました。後で写真を見返したら、6500系だったことは秘密にしておきましょう。正直、外からは違いがよくわかりませんけど…。

写真12. 今度は坂を下る

写真13. やはり坂を下る

志染を出ると坂を下ります(写真12-13)。志染の次は恵比須です。ナウいヤングに人気で渋谷の隣駅の恵比寿ではありません(笑)。

写真14. 恵比須!

東京の恵比寿を知る人からすれば、同じエビスと言っても、その違いに驚くことでしょう(写真14)。こちらの恵比須(漢字が微妙に異なります)は神戸の中心から快適なバスが走っているようです。昔に三宮駅前で恵比須行きのバスを確認したことを思い出しました。

そうして、粟生に到着しました。粟生自体には大きな市街地はなく、結節点という機能が強いという印象を抱きました。

写真15. 粟生駅舎!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする