埼京線と湘南新宿ラインの号車番号が逆の理由

10号車が先頭の埼京線→りんかい線(大崎)

写真1. 10号車が先頭の埼京線→りんかい線(大崎)

1号車が先頭の湘南新宿ライン逗子行き

写真2. 1号車が先頭の湘南新宿ライン横浜方面(大崎)

新宿(池袋や渋谷などでも構いません)で大宮方面行きの電車を待っているときです。埼京線の場合は先頭が1号車、湘南新宿ラインは最後尾が1号車と号車番号が逆転していることに気づくと思います。これはなぜなのでしょうか?今回はそれを考えてみましょう。



これには、号車番号の原則、埼京線・湘南新宿ラインの歴史を認識する必要があります。

号車番号は東京を基準に決まる

国鉄時代、号車番号は東京を基準に決まっていました。東京駅に入った際に有楽町寄りを1号車と決めたのです。東京駅に入線する新幹線、東海道線など全ての路線がこの向きですね。京葉線?確かに直交していますが、JRになってから東京に伸びたので、ここでは無視しましょう。

※JRになってからこの原則に従わない例もありますが、東京近郊のJR線はその原則を引き継いでいます。

埼京線の歴史

埼京線(池袋-赤羽)は大変古い路線で、明治時代に現在の山手線(品川-池袋)と同時に開業しました(開業当初は池袋に駅はありませんでした)。その後、池袋-赤羽間は山手線と分離しましたが、歴史的にこの区間(現在の埼京線の区間)は山手線と関わりが深いことを意味します。その後、赤羽以北などが開業し現在の(案内上の)埼京線となり、山手線からは(それなりに)独立しています。そのような経緯があるため、埼京線の号車番号は山手線に合わせることとなります。

湘南新宿ラインの歴史

湘南新宿ラインは比較的新しい存在です。東海道線の列車を新宿に延長した、そのように考えればわかりやすいと思います。東海道線の一部と割り切って考えますと、湘南新宿ラインの号車番号も東海道線に合わせるのが合理的です。

山手線と東海道線の向き

山手線は新宿(池袋や渋谷も)に来る際、東京断面と比較して南北が逆転します。一方、東海道線が新宿に来る際、東京断面と比較して南北は逆転しません(図1)。

そのため、(歴史的経緯から)山手線と関わりが深い埼京線は南北が逆転し、東海道線と関わりが深い湘南新宿ラインは南北が逆転しません。ゆえに、両者の号車番号は逆になるのです。

図1. 逆転する様子(ペイントによる自作のもの)

今や埼京線は山手線と関わりが深いわけではありません。埼京線の号車番号を逆にしたほうがわかりやすい、そんな風に考えてしまいます。ただ、号車番号を気にする人はそう多くないので、逆にする手間と効果を比較してやっていないのでしょう。

まとめ

・埼京線は山手線の号車番号に準ずる
・湘南新宿ラインは東海道線の号車番号に準ずる
・山手線は東京と新宿で南北が逆転する
・東海道線と湘南新宿ラインは東京と新宿で南北が逆転しない
・そのため、埼京線と湘南新宿ラインで号車番号が逆になる


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする