欧州新ダイヤ時刻表入手~ドイツの寝台列車

海外の夜行列車事情について触れてみましょう。私の手元に2016年12月改正の欧州時刻表がありますので、ここでは中部ヨーロッパの大国であるドイツ周辺を簡単に紹介します。

こちらもチェック!関連リンク
中央ヨーロッパの夜行列車~ナイトジェットの概要と運行形態解析

こちらのページでナイトジェットの概要を紹介しています。単にナイトジェットが夜行列車であることだけではなく、主な運転系統、その運転系統の時刻、そして客室設備についても述べています。



寝台列車について

寝台列車の定義は色々とあると思いますが、ここでは寝台が連結されていれば、寝台列車と扱うこととします。例え、座席車が連結されていてもです。

パリーモスクワ

パリからモスクワまで結ぶ列車です。パリ発毎週金曜、モスクワ発毎週水曜のみ運転されます。フランスからドイツ、ポーランド、ベラルーシ、ロシアと結ぶ列車です。ウクライナとロシアの間は緊張関係がありますが、ベラルーシとロシアの間にはそれほどの緊張関係はありません。そういう意味では安心ですね。主要駅の時刻は以下の通りです。

パリ18:58→ベルリン7:13→ワルシャワ14:30→ミンスク2:26→モスクワ11:01
モスクワ22:15→ミンスク6:59→ワルシャワ14:35→ベルリン21:09→パリ9:33

区間により食堂車が連結されます。というより、ブレスト(ポーランドとベラルーシの境界)とワルシャワの間だけ連結されないだけです。ブレストでの台車交換は見てみたいですね(旧ソ連は1520mmで軌間が異なるのです)。パリからベルリンの区間移動にも使えるのでしょうか?

ベルリン-マルメ(ベルリンナイトエクスプレス)

季節列車です。ドイツとスウェーデンを直結する唯一の列車で、バルト海を船でこえます。そのため、デンマークは経由しません。
こちらのブログに詳細なレポートがあります。(リンク先は弊ブログの管理者tc1151234管轄ではありません)

ベルリン19:28→マルメ7:25(4/26、5/28、6/26-8/13の水、金、日)
マルメ17:00→ベルリン6:25(4/12、5/25、6/26-8/13の月、木、土)

個室はなく、いわゆる開放式寝台しかないようです。

ベルリン-ブダペスト

ナイトジェットの仲間のベルリン-ウィーンの列車に途中まで連結される系統です。ドイツの首都ベルリンとハンガリーの首都ブダペストを途中、チェコ、スロバキアを経由して結びます。

ベルリン19:01→ブダペスト8:37
ブダペスト20:05→ベルリン9:07

2017年12月ダイヤ改正で、ベルリンからプラハまでは廃止されました。プラハ発23:57、プラハ着6:04です。ベルリンとプラハの間の本数は少ないのですから、夜行列車を廃止するならば、代替の接続列車を走らせるべきですが、そのような列車の設定はありません。

ベルリン-モスクワ

パリからモスクワまで結ぶ列車をさきほど紹介しましたが、その東側の区間のみ運転の列車です。毎週2本ずつ運転されます。ベルリン発は日曜と月曜、モスクワ発は土曜と日曜です。

ベルリン18:50→ミンスク9:12→モスクワ17:25
モスクワ13:05→ミンスク21:09→ベルリン7:19

ベルリンは中央駅ではなく、東駅発着です。また、タルゴ車両による運用です。

私が見つけられたドイツ周辺のナイトジェット以外の寝台列車はこんなものでした。ベルリン-ミュンヘンは需要があるそうですが、設定はありません…。

座席夜行について

2016年12月ダイヤ改正でシティナイトトレイン(ドイツ鉄道が運行する夜行列車)が廃止になり、一部の系統がナイトジェットに引き継がれましたが、他の系統は座席夜行として置き換えられることになりました。この概要を探りましょう。

フランクフルト-ハンブルク

ドイツ西部のフランクフルトからドイツ北部のハンブルクを結ぶ列車です。

IC2020 フランクフルト23:24→ケルン1:59/2:13→ハンブルク7:06
IC2021 ハンブルク22:30→ケルン3:02/3:52→フランクフルト7:02

バーゼル-ハンブルク

スイスのバーゼル(ドイツ南西部の国境付近)からドイツ北部のハンブルクを結ぶ列車です。なお、北行のみキールまで足を伸ばします。

IC208 バーゼル23:13→ケルン6:05/6:10→ハンブルク10:13/10:16→キール11:21
IC209 ハンブルク19:46→ケルン23:50/23:53→バーゼル6:02

ケルン-ベルリン

ドイツ北西部のケルンとドイツ北東部のベルリンを結ぶ列車です。

IC447 ケルン23:12→ベルリン5:33
IC446 ベルリン23:53→ケルン6:57
ここは昼間では4時間20分程度で結んでいます。

ベルリン-フランクフルト

ドイツ北東部のベルリンとドイツ西部のフランクフルトを結ぶ列車です。

IC1950 ベルリン0:29→フランクフルト6:42(月曜のみ運転)
EN470 フランクフルト(sud)0:54→ベルリン6:56(ナイトジェット)

EN470はフランクフルト中央駅発着ではないことに注意しましょう。

ケルン-ミュンヘン

ドイツ北西部のケルンとドイツ南部のミュンヘンを結ぶ列車です。

ICE619 ケルン22:30→フランクフルト0:00→ミュンヘン6:02
ICE618 ミュンヘン0:01→フランクフルト5:44→ケルン7:05

コブレンツに進入するIC

写真1. 座席夜行のイメージ(2016年8月、コブレンツで撮影)

ドイツの夜行列車まとめ

ドイツの夜行列車の本数はそう多くありません。それでも、日本と比べればはるかに充実しています。また、日本ではほとんど存在しない座席夜行も残っていることも、大きな特徴でしょう。

こちらもチェック!関連リンク
中央ヨーロッパの夜行列車~ナイトジェットの概要と運行形態解析

こちらのページでナイトジェットの概要を紹介しています。単にナイトジェットが夜行列車であることだけではなく、主な運転系統、その運転系統の時刻、そして客室設備についても述べています。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする