南武線(混雑基本データ)

神奈川県川崎市と東京都立川市を結ぶ南武線。都心を通りませんが、人口の多い場所を結ぶだけあって、それなりに混雑する路線でもあります。そんな南武線の混雑データをまとめました。

写真1. 朝の登戸西側の情景

南武線の基本情報

南武線は川崎と立川を結ぶ路線です。開業当初は南武鉄道という私鉄の路線であり、太平洋戦争中に国鉄の路線になりました。そのときの名残か、駅間が短く、編成両数も短く、どこか民鉄よりの香りが漂う路線でもあります。

川崎から立川まで35.5kmありますが、このうち半分以上の区間(稲田堤の少し先)まで川崎市を通り(途中の矢向付近は横浜市内)、ある意味川崎市内電車の役割を担っています。このあたりでは貴重な環状軸を形成する路線で、川崎から立川まで放射軸の鉄道と交差します。川崎、武蔵小杉、武蔵溝ノ口、登戸、稲田堤、分倍河原、立川と7駅で放射状路線と乗りかえられます。そのため、乗客はこれらの駅での乗り降りが多いです。

このほかに、尻手-浜川崎の支線があり、京浜工業地帯への足としても活躍しています。

南武線の混雑データ

南武線の混雑データをまとめます(表1)。

表1. 南武線の混雑データ

最混雑区間武蔵中原→武蔵小杉
混雑率2021年112%
2020年120%
2019年182%
2018年184%
2017年189%
最混雑時間帯7:30~8:30
集中率29.1%
流動最大区間武蔵小杉-武蔵中原
乗客半減区間稲田堤-矢野口

・流動最大区間:当該の路線で最も輸送人員の多い区間(弊サイト独自指標)

・乗客半減区間:流動最大区間の輸送力が半分以下になる、最大流動区間に最も近い駅間を指す(弊サイト独自指標)

※集中率、流動最大区間、乗客半減区間は都市交通年報(平成22年度版)を参考に独自で計算

東京23区に乗り入れないからといって、空いているわけではありません。むしろ混んでいます。2019年以前の混雑率180%、2020年以降の混雑率120%というのは、いずれも首都圏の標準的な程度よりも混んでいます。これは環状方向の路線が少ないことや、南武線は6両編成と短く、輸送量も限られているためでしょう。

最混雑区間は東急東横線・目黒線・横須賀線・湘南新宿ラインと交差する武蔵小杉の手前です。これは単に乗りかえるための需要だけではなく、川崎への需要も合わさって最混雑区間となっています。統計ではこのように書かれていますが、実際には両方向が混雑していて、環状路線らしい複雑な乗客流動となっているのです。

集中率とはラッシュに集中する割合です。極端な話、集中率が100%であれば、ラッシュ以外に全く使われないということです。20%以下が集中率が低め(朝も日中もまんべんなく利用されている)、30%以上が集中率が高め(ラッシュ以外は空いている)と判断できます。

南武線の集中率は29.1%と高めです。南武線沿線は郊外であり、日中利用であれば自動車を使用したり、そもそも南武線以外の駅を利用するという流れがあるのかもしれません。

終日、最も利用の多いのが武蔵小杉-武蔵中原です。これが西に行くと徐々に空いてきて、東京都に入るころになると乗客が半減します。そのような意味で、朝夕の登戸発着にはそれなりに意味があると納得させられます。

実際の混雑調査結果へのリンク

ここまでデータを紹介しましたが、実際の混雑はどうなのでしょうか。以下のリンクに実際の混雑調査結果をまとめました。

南武線の混雑状況(平日朝ラッシュ時、中野島-登戸、現場調査結果)

東京を中心にみたら、環状路線の1つを構成する南武線。歴史的経緯から長編成の列車が走れないJR線でもあります。そんな南武線の混雑状況を確認しました。

東京都の各路線の混雑状況のまとめ

南武線以外の路線の混雑状況はどうでしょうか。路線ごとに最混雑区間と混雑率をまとめました。また、各路線についての混雑基本データへのまとめへのリンクも整備しています。

東京都の電車の混雑データまとめ(最新版)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする