西ヨーロッパ夜行列車のまとめ

夜行列車が少ない西ヨーロッパ地区。それでも、少ないながらも夜行列車はあります。今回はそんな西ヨーロッパ地区の夜行列車をまとめました。ここまできちんとまとめられているサイトはないと思います!

トレンオテル:寝台車

写真1. トレンオテルの内装

西ヨーロッパの夜行列車事情概論

西ヨーロッパ(ここではスイス、ドイツは中央ヨーロッパに分類します)の夜行列車はあまり多くありません。イギリス、フランス、スペイン、ポルトガルに存在します。オランダとルクセンブルクには存在せず、ベルギーはわずかにあるのみです。また、フランスからスイスへの夜行はありません(パリ-モスクワの系統はフランスから直接ドイツに入ります)。

いずれの夜行列車も多くが座席車、簡易寝台車(日本でいうB寝台車)、個室寝台車の3つの等級があります。食堂車のある系統と食堂車のない系統の双方があります。これらの情報は各国の情報に譲りましょう。

西ヨーロッパの夜行列車一覧

以下の17系統があります。ただし、多くの系統が連結運転します。

イギリスの夜行列車は以下の通りです。ロンドンとスコットランド(イギリスは4つの国から成立していますが、その1つの国です)を結ぶ系統で、英仏海峡を渡る系統はありません。カレドニアン・スリーパーと呼ばれます。

・ロンドン-フォートウィリアム
・ロンドン-インヴァーネス
・ロンドン-アバディーン(以上3本は連結運転)
・ロンドン-エディンバラ
・ロンドン-グラスゴー(以上2本は連結運転)

フランスの夜行列車は以下の通りです。イタリア直通が1系統、ロシア方面が2系統、国内(ちょっとスペインに入る系統もあります)が3系統あります。テロ以外は運転日に注意する必要があります。

・パリ-ミラノーヴェネツィア(ベニス)(有名な「テロ」という夜行列車です、イタリア直通)
・パリ-ラトゥール=ドゥ=カロル
・パリ-ポルトボウ(スペイン直通)
・パリ-ロデズ(以上3本は個室寝台車なし)

・パリ-モスクワ(週1回だけ運転、中欧と東欧直通)
・ニース-モスクワ(週1回だけ運転、中欧と東欧直通)

スペインの夜行列車は以下の通りです。いずれもトレンオテルのブランドになっています。

・マドリード-リスボン(ポルトガル直通)
・アンダイエ(Hendaye)-リスボン(フランス、ポルトガル直通)
・バルセロナ-ビーゴ、ア・コルーニャ
・マドリード-ビーゴ、フェロル

ベルギーの夜行列車は以下の通りです。ベルギー国内では連結運転します。週2回だけの運転です。

・ブリュッセル-ウィーン(ドイツ経由オーストリア直通)
・ブリュッセル-インスブルック(ドイツ経由オーストリア直通、ドイツのニュルンベルクまでは連結)

各国の夜行列車事情

各国の細かい事情は国別ページを設けています。そちらをご覧ください。

・イギリスの夜行列車は、イギリスの夜行列車まとめ(カレドニアン・スリーパーの概要まとめ)

・フランスの夜行列車は、フランスの夜行列車まとめ(テロと国内夜行)

・スペインとポルトガルの夜行列車は、スペイン、ポルトガルの夜行列車(トレンオテルの情報一覧)

・ベルギーの夜行列車は中央ヨーロッパの夜行列車~ナイトジェットの概要と運行形態解析

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする