総武線快速の混雑状況(朝ラッシュ時、最混雑区間、現場調査)




千葉県から東京への通勤路線としてメジャーな総武線快速。そのせいか首都圏でも有数の混雑です。新型車両では座席配列を変えて詰め込めるようにしています。では、どの程度混んでいるのでしょうか。実際に最混雑区間の新小岩→錦糸町の混雑を見てみました。

写真1. 錦糸町で降りる人々


総武線快速の朝ラッシュ時の混雑状況まとめ

以下、長い本文を読む気がない人のために、簡単にまとめます。

・目視での混雑率は163%である
・上記の混雑率はドア付近に圧迫が生じ、座席前もやや圧迫されるというもの
・混雑のピークは8:20ごろである
・混んでいる車両は編成中ほどの2、3、6、7号車
・比較的空いているのは、編成両端の増1号車と11号車

混雑調査の概要

今回の混雑調査の方法を紹介しましょう。この記事では、定点観測を行い、一定時間の全列車を対象にして各車両の混雑を目視で確認しています。これはプロも行っている調査方法です。

簡単に調査方法を紹介しましょう。一部の個人サイトでは混雑状況を書いているところもありますが、調査方法や混雑指標の言及がないのでう~んと考えてしまうところがあります。そのようなことを踏まえて、弊ブログではきちんと方法を示します(さすがー)。

弊ブログでは混雑ポイントという概念を導入しております。その概要を示します(表1)。

表1. 混雑ポイントの概要

乗車ポイントの概要

せっかくなので、120ポイント~160ポイントの様子をご覧いただきましょう(写真2-4)。いずれも個人情報を守ることを目的に、画質を落としています。

混雑ポイント120ポイント相当

写真2. 混雑ポイント120ポイントの様子(右上に私の指が写っていますね…)

混雑ポイント140ポイント相当

写真3. 混雑ポイント140ポイントの様子(右上に私の指が写っていますね…)

混雑ポイント160ポイント相当

写真4. 混雑ポイント160ポイントの様子(写真3と異なり、ドア部分が圧迫されていることがわかります)

今回の調査は錦糸町到着時(新小岩→錦糸町)について行いました。新小岩までの各停車駅で乗客が乗りこみ、錦糸町で総武線各駅停車に乗りかえて新宿方面に向かう人が降りるので、錦糸町到着時が最も混むのです。

混雑状況の分析

混雑状況の生データから細かく分析することにします。

生データを見る

まずは、生データをさらしましょう(表2)。

表2. 総武線快速混雑状況(平日朝ラッシュ、新小岩→錦糸町)

総武線快速混雑状況(平日朝ラッシュ、新小岩→錦糸町)

私が見た範囲では混雑率160%程度です。ただし、この中には最混雑時間帯ではないものもありますので、あくまでも後で解析する範囲で混雑率を見てみましょう。

混雑状況の分析

では、混雑状況を分析しましょう。まず、どの時間帯が最も混んでいるのかの分析です(表3)。

表3. “総武線快速混雑状況(平日朝ラッシュ、新小岩→錦糸町、時間別)

総武線快速混雑状況(平日朝ラッシュ、新小岩→錦糸町、時間別)

10分ごとに時間を区切ると、8:20ごろが最も混雑しています。この前後60分が最混雑時間帯とすると、混雑時間帯は錦糸町到着で7:50~8:50の1時間で、最も混んでいるのは8:20ごろということです。その60分の混雑率は163%です。混雑率163%は、「ドア付近に圧迫が生じ、座席前もやや圧迫される」というものです。公式発表の181%ほどではありませんが、混雑が認められます。

コラム.公式発表と今回の混雑率の違い
今回の混雑調査では混雑率163%、公式発表は混雑率181%です。両者の測定方法は基本的に現場で見ていますし、調査日によってそこまで混雑率が異なることもないでしょう。では、どうして数字がここまで異なるのでしょうか。

混雑率は(輸送している人の数)/(列車の定員)で求められます。公式発表の数字の「列車の定員」にはグリーン車や特急列車は含まれていません。特急列車の定員はたかが知れていますが、グリーン車の定員は無視できる数字ではありません。公式の混雑率181%という数字はグリーン車に乗っている人が0人という前提で計算しています。実際にはグリーン車の座席定員は180人(2両)です。立ちもいるので、実際にはグリーン車には200人乗っていることでしょう。

普通車の定員が140人/両とした場合、混雑率181%だと普通車13両に乗っているのは3294人です。ただし、実際にはグリーン車に200人乗っていますので、普通車に乗っているのは3094人です。この3094人が13両に乗っているとすると、本当の混雑率は170%になります。つまり、グリーン車に乗っている人を正確にカウントした場合の公式の混雑率は170%となり、私の観察結果の163%とだいぶ近くなります。

次に、車両ごとの混雑を見てみましょう(表4)。

表4. 総武線快速混雑状況(平日朝ラッシュ、新小岩→錦糸町、車両別)

総武線快速混雑状況(平日朝ラッシュ、新小岩→錦糸町、車両別)

この分析は最混雑時間帯60分に限定したものです。編成中ほどの2、3、6、7号車が混んでいて、両端の増1号車と11号車が比較的空いていることがわかります。

また、東京行きは気持ち空いていることもわかります。前後の列車に比べてわずかに空いているのです。実例を見てみましょう。

例1. 7:57発東京行きは、前の逗子行きと後の品川行きより空いている
例2. 8:09発東京行きは、前の大船行きと後の品川行きより空いている

東京までで降りる人は可能であれば、東京行きを選ぶとわずかに空いていて、少しでも快適に通勤できます。通勤快速は拍子抜けするほど空いていました。通勤快速は千葉-錦糸町で船橋しか停車しません。ということは、通勤快速の通過する稲毛、津田沼、市川と新小岩でそれなりの乗客が乗りこむことがわかります。

混雑を緩和するダイヤを考える

実際の混雑は165%~170%程度とはいえ、混んでいることには変わりません。では、どのようにすればよりマシな混雑になるのでしょうか。1つは列車の増発です。7:54~8:53のピーク1時間に18本しか運転されていません。15両編成と長いとはいえ、この本数は少なすぎです。錦糸町や船橋などで後続列車が素早く進入できるように信号設備を改良、E235系化による加速性能向上による列車間隔の圧縮などで6本程度増加できましょう。もしも、錦糸町の停車時間がネックというのであれば、増発ぶんの一部は錦糸町通過としても良いでしょう。そうすると、混雑率は122%程度となり、だいぶ空くことでしょう。それが無理で3本しか増発できない(毎時21本運転)としても、混雑率は140%で首都圏基準ではマシなほうになります。これができればベストです。

その他の施策として、ピーク前後の増発も考えられます。例えば、8:59発は混雑率169%と非常に混んでいますが、この原因は前の快速と8分間隔が開いていることです。8:46、8:51、8:59となっていますが、8:51発を8:50発として8:56発を増発すれば、この電車の混雑は一気に解消されます。混雑が一気に解消されれば、最ピーク時の混雑に嫌気がさしている人の一部がこちらにシフトします。

また、錦糸町発7:16~7:36は5分間隔で運転されていますが、これを4分間隔に増発することや、錦糸町7:03発と7:16発の13分の間に1本増発することで、ピーク前の混雑が緩和されて、ピーク時からシフトする乗客もいることでしょう。また、特急の船橋停車も良いでしょう。船橋に停車すれば若干でも乗客を拾えます。1人でも乗客を拾えば、前後の快速の混雑が緩和するのです。

写真2. ノロノロ通過する成田エクスプレス

総武線快速の混雑まとめ

インターネット上では混雑が激しいとされる総武線快速ですが、公式発表ほどに混んでいないことが明らかとなりました。この理由として、グリーン車の輸送力が計算外であることが挙げられます。そうはいっても、それなりに混んでいて首都圏では標準以上の混雑であることは明らかです。利用者としてできる混雑回避策は両端の車両を選ぶことです。

また、本数はそこまで多くありません。他の路線の実績からもう少し増発が可能でしょう。もしもピーク60分間の増発がかなわないのであれば、ピーク前後に増発してピークから乗客をシフトさせる方策もアリです。このように、少しでも快適な通勤ができるように工夫してもらいたいものです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする