西武池袋線(混雑基本データ)

このページでは西武池袋線の混雑状況について基本的なデータをまとめています。また、私が実際に現場で調査した結果へのリンクも記しています。

西武30000系と6000系

写真1. 夕方の池袋駅の情景(2019年に撮影)

西武池袋線の基本情報

西武池袋線は池袋から吾野(飯能ではない!)までの路線です。池袋から飯能までは東京と埼玉県の住宅街を結ぶ路線、飯能から吾野は山岳地帯を通る路線という性格があります。飯能から吾野は西武秩父線と一体化しているので、西武秩父線というように理解している人も多いかもしれません。

池袋よりでは地下鉄と直通運転をしています。小竹向原-練馬の西武有楽町線を介して、地下鉄有楽町線と副都心線とつながっています。そのため、都心部(永田町や有楽町)や副都心の各地(新宿地区と渋谷)から所沢などへも乗りかえなしで向かえます。

その練馬から石神井公園までは複々線区間です。もともと池袋-飯能は複線区間でしたが、西武有楽町線経由の別線を池袋-練馬で新設、練馬-石神井公園で線路を増やして、池袋-石神井公園の輸送力増強を完成させました。

西武池袋線の混雑基本データ

では、混雑状況データを簡単にまとめます(表1)。

表1. 西武池袋線の混雑基本データ

最混雑区間椎名町→池袋
混雑率2018年度159%
2017年度163%
集中率24.1%
乗客半減区間清瀬-秋津

※乗客半減区間とは乗客が最も多い区間(練馬-中村橋)を100とした場合、その乗客が50以下になる区間を示したもの

西武池袋線は標準的な混雑です。最混雑区間の椎名町→池袋混雑率は160%程度です。(朝ラッシュ時でいうと)練馬で1回乗客が都営大江戸線や西武有楽町線方面に分散するのですが、練馬から分散する人の数よりも、練馬から池袋で乗りこむ人の数のほうが多いのです。とはいえ、これらのバイパス線の意味がないということではありません。バイパス線がなければ、池袋到着時の混雑は今よりもっとひどいでしょうから。

集中率とはラッシュに集中する割合です。極端な話、集中率が100%であれば、ラッシュ以外に全く使われないということです。20%以下が集中率が低め(朝も日中もまんべんなく利用されている)、30%以上が集中率が高め(ラッシュ以外は空いている)と判断できます。集中率は25%程度と標準的なものです。つまり、日中は混んでいるわけでも空いているわけでもないのです。

乗客半減区間は清瀬-秋津です。西武池袋線の特徴として、石神井公園から所沢まで大きく利用の多い駅はありません。まんべんなく利用されていて、池袋から乗ると、徐々に乗客が減っていきます。その中の1つの駅である清瀬で利用が半分になります。西武池袋線には清瀬折り返しの系統がありますが、これはある程度理にかなっているということです。このような路線(大きく利用が減る駅がなく、利用が突出して多い駅もない)ではダイヤ作成も大変なことでしょう。それゆえに、朝ラッシュ時は快速急行、急行、通勤急行、快速、通勤準急と設定され、通勤急行は急行と交互停車という変則的な停車駅になっているのでしょう。

西武池袋線の混雑状況の現場調査

ここまでは公式の統計データから解析してきました。実際の調査結果は以下のリンクにあります。

西武池袋線の混雑状況(朝ラッシュ時、椎名町→池袋、新しい生活様式下、現場調査結果)

そこまで混雑する印象のない西武池袋線。しかし、それなりに混雑する路線です。そして、通勤急行や通勤準急が運転されていて、きめ細かな運転がとられている路線でもあります。そのような西武池袋線の混雑状況を見てみました。

夕方ラッシュ時の西武池袋線の混雑状況(池袋-椎名町、現場調査)

地下鉄経由の通勤経路が確立されている西武池袋線。複々線も開業し、以前より混雑が緩和されています。では、実際に池袋発車時点の混雑状況はどうなのでしょうか。実際に夕方ラッシュ時の状況を確認しました。また、各区間の混雑状況も推定しています。

23区の各路線の混雑状況のまとめ

西武池袋線以外の路線の混雑状況はどうでしょうか。路線ごとに最混雑区間と混雑率をまとめました。また、各路線についての混雑基本データへのまとめへのリンクも整備しています。

東京23区の電車の混雑データまとめ(最新版)

東京23区には多くの路線があります。それぞれの路線の混雑率はどの程度なのでしょうか。最新の混雑データを路線ごとにわかりやすく示します。また、各路線の基本データへのリンクも完備しています。各路線の基本データからは、私が実際に行った混雑調査の結果へのリンクもあります。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする