京急本線(混雑基本データ)

このページでは京急本線の混雑状況について基本的なデータをまとめています。また、私が実際に現場で調査した結果へのリンクも記しています。

京急1500形(品川)

写真1. 実質的な起点である品川に停車している1500形

京急本線の基本情報

京急本線は泉岳寺から浦賀までの路線です。一般的には品川から三崎口というイメージがあるのでしょうが、起点は品川ではなく泉岳寺です。また、終点は浦賀です。浦賀に近い堀ノ内から久里浜線が分岐しており、多くの速達列車はそちらに向かいます。そのため、本線が三崎口まで続いているように錯覚してしまいます。

京急本線じたいは東京都と神奈川県を通る路線です。泉岳寺から横浜まではJR東海道線(や京浜東北線)と並走していますが、一番海に近いほうを通ります(ただし海が見える区間はありません)。横浜からは三浦半島の東海岸を走ります。ただし、この区間も海が見える区間はほとんどありません。厳密には海から離れているためです。堀ノ内から浦賀は「本線」というよりも横須賀市内のローカル線という趣です。

このように本線について述べましたが、多くの人の京急のイメージは「羽田空港」でしょう。京急蒲田から分岐する空港線に直通運転する電車も多く走っており、品川や横浜から羽田空港まで直通で向かうことができます。

泉岳寺からは都営地下鉄浅草線と直通運転をしています。都営浅草線は新橋、日本橋、浅草などを通っていますので、これらの場所から京急本線まで直通できます。その都営浅草線は反対側で京成電鉄とつながっています。京成電鉄は成田空港に伸びています。つまり、京成電鉄沿線から羽田空港へのチャンネルとしても機能しています。逆に、京急電鉄沿線から成田空港へのチャンネルとしても機能しています。

京急本線は一見すると複々線区間はありません。でも、実際は金沢文庫-金沢八景が複々線になっています。都内から離れた場所に複々線区間があるという珍しい形態です。

京急本線の混雑基本データ

では、混雑状況データを簡単にまとめます(表1)。

表1. 京急本線の混雑基本データ

最混雑区間戸部→横浜
混雑率2018年度143%
2017年度144%
集中率26.3%
乗客半減区間金沢八景-追浜

※乗客半減区間とは乗客が最も多い区間(横浜-戸部)を100とした場合、その乗客が50以下になる区間を示したもの

京急本線の混雑率は145%程度と首都圏ではゆるい部類に入ります。これは、横須賀市や横浜市南部で集めた乗客が横浜で多くが降りるためです。当然、横浜そのものもビジネス街として機能しているので、そのような人を降ろす部分もあります。それ以上に影響が強いのがJR線への流出です。朝ラッシュ時の横浜→品川は特急で30分かかります(快特は31分です)。一方、JR東海道線だと横浜→品川は20分です。ましてや新橋や東京であれば所要時間差はさらに伸びてしまいます。そして、JR東海道線は5分待たずにやってきます。これでは品川・新橋・東京に急ぐ人はJRに乗りかえてしまいます。そのような背景があるので、横浜でいったん空きます。その空いたぶん、都内での混雑はそこまでではないのです。

このような背景があるので最混雑区間は戸部→横浜と、横浜手前の区間です。横浜で降りる乗客を品川まで延ばすのが長年の課題で、日中時間帯はスピードアップをしましたが、朝ラッシュ時は本数が多いのでどうしようもありません。近年はその「比較的空いている」ことを逆手にとって、羽田への輸送機関としての地位を確立させようとしています。世の中何が幸いするのかわかりませんね。

集中率とはラッシュに集中する割合です。極端な話、集中率が100%であれば、ラッシュ以外に全く使われないということです。20%以下が集中率が低め(朝も日中もまんべんなく利用されている)、30%以上が集中率が高め(ラッシュ以外は空いている)と判断できます。集中率は25%程度と標準的です。「日中時間帯の利用が多い羽田空港輸送があるのになぜ?」という疑問もあるでしょう。集中率は最混雑区間で計測しているものです。横浜-戸部は(神奈川-横浜と比べて)羽田空港輸送の割合は少ないでしょう。そのため、羽田空港輸送はあまり反映されずに、集中率がそのぶん下がっていないのです。

乗客半減区間は、金沢八景-追浜です。ちょうど乗客が半減する区間で複々線区間が終了しています。日中時間帯のダイヤを眺めると、金沢八景以北の電車のうち1/3が逗子・葉山方面に抜けていて、2/3しか京急本線に向かいません。そのようなダイヤはある意味合理的と納得させられます。ここで乗客が半減するのは逗子線方面の乗客のこともあるでしょうが、何よりも横浜市南部の住宅街が規模が大きいことを読み取らせるものがあります。

京急本線の混雑状況の現場調査

ここまでは公式の統計データから解析してきました。実際の調査結果は以下のリンクにあります。

休日日中時間帯の京急線の混雑状況(品川-北品川)
休日の日中時間帯の混雑はどうでしょうか。昔は半分の快特については12両編成での運転がなされていましたが、運転の単純化のためか8両編成にしかなっていません。これは実態と合っているのでしょうか。そのような実態を確認しました。

夜間の京急品川の混雑調査【現場調査結果】
多くの混雑調査の結果は夕方ラッシュ時には実施されていますが、夜間は実施されていません。それならばと、私が調査に踏み切りました(実際はドイツに旅立つ前の時間調整という側面が強いです)。

23区の各路線の混雑状況のまとめ

東武伊勢崎線以外の路線の混雑状況はどうでしょうか。路線ごとに最混雑区間と混雑率をまとめました。また、各路線についての混雑基本データへのまとめへのリンクも整備しています。

東京23区の電車の混雑データまとめ(最新版)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする